Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「 転職未経験者はこちら! 」一覧

20代 30代 転職| 同業界、異分野のどちらも選べる最高の時期!

20代 30代 転職| 同業界、異分野のどちらも選べる最高の時期!

20代、30代の若い人達のなかには、転職を考えている人も多いですね。最近では、日本でも雇用市場の流動化により数年で転職をする人も増えてきています。また、ある程度経験を積んだ20代後半から30代前半の人も、「自分にあった仕事」を求め、求人活動も活発する時代になりました。このような若い世代は、どんなことを考えて転職すべきでしょうか。

なんとなく転職|いいところあれば、数うちゃあたるは危険!!!

なんとなく転職|いいところあれば、数うちゃあたるは危険!!!

応募者の本気度を求人企業はすぐに見抜くと皆さんはご存知でしょうか?今すぐ転職をしなければならないわけではないがどこかいいところがあれば そんな安易な気持ちで転職活動を始める人は多いようです。これは「なんとなく転職」と呼ばれています。皆さんにありがちな「なんとなく転職」についてお伝えします。

転職で悩む|大切なこだわりが思いがけない業界で実現する!!

転職で悩む|大切なこだわりが思いがけない業界で実現する!!

転職に対する「不安」や「恐怖心」の他に「諦め感」があり悩んでおられませんか?希望に合う転職先なんてどうせ見つからないだろうなどと。しかし、 あなたの「こだわり」や「大切にしたい事」を軸に転職活動を続けると、これまでの経験を生かせる仕事、思いがけない分野でやりがいを感じられる仕事に出会えるかもしれません。

20代、30代で転職回数が多い人の特徴は|それでも内定とれるか?

20代、30代で転職回数が多い人の特徴は|それでも内定とれるか?

20代、30代の方で転職回数が多い人は、不利ではないかと考えてしまいますよね。どんな特徴があるのでしょうか。実は、転職回数が多い人でも「職務経歴書」と「面接の対策」をしっかり行うことで成功に導くことができます。あなたがまだまだ若い20代~30代であるなら、単純に転職回数が多いことだけで悩まずにまず転職エージェントにまずは相談してみましょう。

外資系へのマネージャー 転職 | 事前に知るべき注意点とはこれだ!!

外資系へのマネージャー 転職 | 事前に知るべき注意点とはこれだ!!

外資系へのマネージャー 転職を考えている場合に知る注意事項とは何でしょうか?もちろんどのように転職案件をつかんでいくのかも大事ですね。しかし、外資系のマネージャーに求められるものを理解していないと転職後に「こんなはずでは」となってしまいます。今回は外資系企業が求めるマネージャの役割についてお伝えします。

外資系転職の失敗 6パターンをざっくり解説|知ると成功率が高まる!!

外資系転職の失敗 6パターンをざっくり解説|知ると成功率が高まる!!

外資系企業への転職を考えている人は多いですね。でも、失敗したらどうしようとなかなか前にすすめていない人もいます。今回は外資系転職の失敗6のパターンをざっくり解説します。これを知ることで成功率がぐっと上がることは間違えないと確信しています。

外資系で中途採用は可能か?未経験でも行けるぞ!

外資系で中途採用は可能か?未経験でも行けるぞ!

外資系で中途採用は可能か?しかも未経験でも外資系で働けるか??この様な疑問をお持ちの方は少なくないですね。この記事では、外資系で働いた経験から特に中途採用の転職者が漠然と考えている外資系企業のイメージを分かりやすく解説して、あなたの転職活動の準備に役立てるように詳しく解説していきます。

未経験でも外資系に転職|3つの入りやすい業界と職種とは【必読】!!

未経験でも外資系に転職|3つの入りやすい業界と職種とは【必読】!!

実力主義と言われる外資系企業への転職を考えている場合、たとえ未経験でも転職できるのかが気になる点ですね。この記事では、外資系企業の中でも特に未経験者を積極的に採油している業界と職種について詳細にお伝えします。是非参考にしていただき、内定を獲得いたしましょう。

外資系企業には向き不向きがあります|転職後ありがちな誤解とは!

外資系企業には向き不向きがあります|転職後ありがちな誤解とは!

外資系企業には、人により向き不向きがあります。これは外資系企業、日系企業のどちらが良い悪いという事ではないです。それぞれの企業の特徴にあなた自身があっているかどうかという事です。この記事では、外資系企業に向く人、向かない人に分けてお伝えします。