Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

外資系への転職|未経験でも転職エージェントの活用方法で結果が変わる!!

「外資系は未経験」の場合、転職はどこか敷居が高い意識がないですか?
でも、外資系未経験者の転職はとても多いのです。
外資系へ未経験の転職なら▼
リクルートエージェント
リクルートエージェント

外資系企業未経験

しかし、外資系は日系企業と求められるもの違います。しかもあなたは未経験。
また求人情報の集め方も異なります。

のような心配ありませんか!

🛑履歴書や職務経歴書の書き方はどこか違うの?

🛑英語での書類必要!

🛑面接ではどんなことが聞かれるの?

🛑年収、ポジション、勤務地などで希望をどう切り出そうか!

一人で考えていても答えは見つかりません。そこは転職エージェントのコンサルタントに相談するのが一番早い。

転職エージェントは外資系企業を知りつくし、非公開を含めた求人情報からしっかりと強力にサポートしてくれます。

外資系で未経験での転職・求人は

➡当サイト厳選!
外資系未経験!
おすすめ転職エージェント

外資系へ未経験の転職求人
①20代~30代の場合

20,30代の転職

20代、30代で外資系転職で未経験者は、求人案件を豊富に持っている
次の転職エージェントが最強です。

➡ 20代の外資転職の登竜門的なエージェント


「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは言わずと知れた業界NO1の求人情報と転職サポート成功
実績を持っています。外資系に限らず転職サポートの経験も豊富なので総合的に
相談できます。外資への転職未経験で20台の人はマストで利用すべきでしょう。

➡ ややハイクラス30代中心のエージェント

「JACリクルートメント」
JACリクルートメントは、外資系に特化していると言っても良いでしょう。ハイクラスな求人も豊富で20代後半から30代の人が登録すべきエージェントです。キラッと光る非公開求人があります。

外資系へ未経験の転職求人
②英語が得意で語学スキルを生かした転職なら

➡英語での仕事を基軸とするならこのエージェント

ロバートウォルターズ
ロバート・ウォルターズ
スペシャリスト、語学スキルの高い人材向けの転職に特化。グローバル企業に転職したいハイキャリア層からは絶大な支持を受けています。外資転職に関する圧倒的な専門性と応募者の選考突破率が高く、サポートもスピード感があると評判です。

外資系へ未経験の転職求人
ハイクラス求人の場合!

ハイクラス求人

ハイクラス求人で外資系未経験で、年収+ポジションにこだわる人はこの2つの転職エージェントしかしかないです!

➡ハイクラスの転職で利用していない人はいないのでは。

▼「ビズリーチ」▼

ビスリーチは600~800万円以上狙う人の転職エージェント。スカウトサービスで外資系企業への転職を強力にサポートしてくれます。もちろん、非公開の求人案件が中心です。

➡リクルート社の情報力、サポート力を活用したハイクラス向け

▼「キャリアカーバ」▼

リクルート社のハイクラス、ハイキャリア向転職エージェント。非公開求人中心でで年収も800~1000万円以上の外資系企業の転職求人も豊富です。

🌏(ポイント)
この2つの転職エージェントはよく似て同じように思います。
しかし、外資系企業でハイクラス求人案件は、そうそう出てきません。
だから、2つのエージェントを併用して求人場をを集め転職するのが実は効率的!

外資系採用時に求められるものが 同じそれとも違う?

外資系求められるもの

外資系と日系企業では、「求められる資質」に違いがあります。

日本人に多い、謙へりくだった表現や曖昧な言葉は好まれない傾向にあります。「会社に貢献したい」とあいまいに話すのではなく、「会社にとっていかに役立つ人材か」をあなたの今までの実績を交えてしっかりと話すことが重用。

とはいえ、扱いにくい一匹狼で仕事をするわけではないので、チームの一員として、企業にフィットする人材が求められます。「一緒に働いてみたい」と思わせる、友好的な態度も大切ですね!

これまでの仕事上の具体的な成果や実績をアピールする!

外資系企業に転職するには、20代の人を除き「即戦力として入社後すぐに成果を挙げる」ことが求められます。

特に、30代の転職では今までの実績が重視されます。あなたが応募する会社にどのように貢献できる人間であるか、その根拠となる実績を提示しながら、具体的にアピールすることが大切です。

例えば営業職の場合、具体的な営業成績を盛り込んで、実績を話すと伝わりやすいです。これまでに手掛けた仕事について、どのように工夫して達成したか、そのプロセスを含めて考えてまとめて置くのがポイントですね。

英語の面接は論理的に話せるように準備しよう!

外資系企業の求人・採用では、英語力はTOEICの点数だけでは判断されません。

TOEICの点数が高くて読み書きは得意であっても、英語でのコミュニケーションが上手くない人も日本人には多いものです。

外資系企業では論理的な思考力が求められ、「英語で論理的に話せること」がアピールポイントとなります。

例えば、実際の仕事などの会議では議論する時に求められるのは、自分の主張をわかりやすくかつ論理的に伝えることです。英語面接では、「正しい英語」よりも、「論理的に伝わる英語」で話すことが大切です。

外資系企業への転職では、会社へ貢献するために「あなたは何ができるか」を論理的に話すことがアピールポイントとなります。特に30代で外資系企業への転職を目指す人は、自信を持って言える内容を準備しましょう。

*尚、外資系と言えども、英語を全く必要としない仕事、ポジション、会社も多いです。また面接時に日本語のみの場合も多いです。

外資系の求人は最近では多種多様!!

外資系企業は、ポジションに適した人を中途採用で雇うという感覚が強いです。

日系企業のように長い時間かけてジェネラリストを育成するという感覚はなく、スペシャリストを求人として求める傾向があります。

だからこそ、あなた自身がどのようなキャリアを歩むべきか、しっかりと考えなければなりません。

一口に外資系企業と言っても、さまざまな国から来ている企業があり、その企業のカラーもはさまざまです。

最近で言うと中国をはじめとしたアジア系の外資系企業の求人も多々あります。自分の転職の希望に合いそうか、それぞれの企業に対して理解が必要となります。

あなたにあった、外資系求人や必要な準備事項は、転職エージェントと一緒にすすめるのが最も効率的。

一度、あなたに沿った転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

外資系への未経験での転職なら▼
ビスリーチ