【外資系転職エージェントの評判】あなたにぴったりのおすすめ厳選9社!

毎日こんなこと考えていませんか?

夜遅くまでの残業はいやだ!
昇進を早く実現して給料アップも目指したい!

そして今の会社で本当に将来キャリアアップできるだろうか!

 

毎日の残業で疲弊している自分

 

就職したのは良いけど、入社以来ずっと同じ仕事。もう飽き飽き。いつになれば自分がやりたいことができるのかと思い始めているあなた。

危険信号が点滅していますよ!このままじゃあ、とても良い仕事できませんね!そして将来のキャリアアップにもつながらないでしょう。

このように仕事で達成感やモチベーションがなくなった場合は、「外資系企業」で仕事の環境を変えてみることが良い人生の選択です。

このサイトでは、外資系企業で活躍して人生を変えたい人のための転職をサポートするエージェントの評判をお伝えしてあなたを応援します!

 

外資系転職3回の「トミ」
外資系転職3回「トミー」

トミーと申します。私は外資系企業の転職を3回して人生を変えました。

現在はヨーロッパ系の外資系企業で部長職です。

世間では外資系はすぐ首になる、日本からのすぐ撤退するなどのレッテルが張られていますが、それは一部の企業です。

 

社風、業績、方針をよく見極めてから転職することによりそのリスクは回避され、日本企業にはないやりがいも見つかられるはずです。

 

💥外資系で人生を変えたい人の転職エージェント
↓↓
JAC Recruitment
いつまでも今のままで本当に良いのですか?

転職に失敗したら怖いな
今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな
そう思っていたら、一生、自分の輝く道を見つけられません。
自分を変えたいなら【即行動】を起こしましょう。
完全無料サービス

外資系転職エージェントの評判の良い9社を3つの手順別に紹介します。

グローバル企業で働くバイリンガル会社員の7割が1年以内の転職を希望 ...

 

外資系への転職では、どの転職エージェントを使うべきなのかと迷っていませんか?

大切な事なのですが、

外資系の転職ではあなたの不安を解消して、成功に導く仕事をしたいなら、
転職エージェントを使うことは絶対に必須です!

理由は、転職エージェントでは、あなた自身では知りえない独自の非公開案件を持っていたりするからです。

また、転職エージェントを通すことで内定率が上がり、今度勤める会社の年収も上がる可能性もあるからです。

外資系の場合は、優良案件は一部の評判の良い転職エージェントに集中する傾向もあります。

評判の良い転職エージェントの活用で、あなたに思いもよらないハイキャリア案件が巡り会う事もあるのです。


⭕評判の良い外資系転職エージェントをうまく利用する3つの手順!

 

さて、ここまで読んで外資系転職には転職エージェント使った方が良いとわかっていただけた方も、転職エージェントの数が多すぎてどれが良いのか分からないという方もおられると思います。

なんと言ってもその数50社以上あるようなので、、、

 

そこで以下の手順で外資系転職にぴったりのあなたにあった評判の良い転職エージェントを選んでいくことをおすすめします。

手順

①: まず最初に大手総合転職エージェントに登録してみる

➁: その上で業界別に特化した転職エージェントに1社程度登録してみる

➂: その中からサポート具合やコンサルタントの質をみて2社にしぼり
求人情報を比較しながら優良案件に応募する!

 

ここから詳しく説明していきます。

おせち通販】煮物系中心昔ながらのおせち3人前~|おせち.com2021

総合外資系転職エージェント数社に登録する

外資系を志望する場合、大手総合転職エージェントを必ず利用するべきです。

その理由は以下のとおりです。

⭕外資系企業の専門部署があるため情報が豊富で専門性が高い!

大手総合転職エージェントは、専門性が低いと考えがちですが、外資系転職は多くの場合中規模エージェントよりも知見・情報量ともに高水準です。そして内定獲得率も実際には大手総合エージェントで決まる場合が多いです。

 

外資の優良案件を持っている場合が多い

あるエージェントでしか取り扱っていない「独占案件」が存在しており、特に外資系企業では企業戦略のセキュリティ対策のため徹底されています。そのような案件は緊急性があり、外資は少しでも登録者数の多い転職エージェントに依頼するため、独占案件は以下の大手総合エージェントに集中しているケースが多いです。

 

外資のレジュメや面接対策や質問例などノウハウが蓄積している

内定数で言えば、特化型エージェントに比べて、比較できないくらい成功させている
ので、過去の実績から根拠を持って提案をしてくれることが多い。例えば、どのよう
な質問をされるのか、少しでも内定率をあげるためには何をすればよいかなどです。

 

評判が高い【大手外資系転職エージェント2社】

JACリクルートメント   
キャリアカーバー     

業界別に特化した転職エージェントも登録してみる

大手総合転職エージェントに登録したら、今度はもしかしたら業界に特化している分、優良案件が転がっている可能性もありますので特化した転職エージェントに相談してみるのが良いです。

但し、以下にお伝えする業界別の転職エージェントは大手総合系も含まれています。そこでは専門の部署や特定分野で知見が高いということでこちらでも紹介しています。

その意味では大手総合の転職エージェントが如何に良いのかがわかると思います。

 

コンサルティング業界

転職の難易度が高い業界です。したがって、各ファーム会社で独自の対策が必要で強力なサポートがもらえます。もちろん模擬面接や、過去の問題を教えてくれます。

金融業界
外資系金融も転職難易度が高いです。また、離職率も高い業界なので、中期的にみて転職するのがカギです。

 

IT業界

 

製造業

 

製薬業界

 

消費財

 

どのエージェントも利用は無料ですので損はありません。

 

転職エージェントを2社にしぼりつつ、案件を精査する!

①と②であなたの志望する業界のエージェントに登録したら、次は支援が良く、優秀でしかもあなたと相性の良いコンサルタントがいる転職エージェント(できれば2社)に絞るのがベストです。

なお、絞るポイントとして以下を参考に判断してみましょう。

  • キャリア相談の上、求人紹介してくれる!
  • 志望する業界・職種に詳しく精通している!
  • あなたに合った外資系求人を紹介してくれる!
  • 丁寧でクイックな対応をしてくれる!

 

ここまでくれば、ある程度ほっておいても情報は集まってきます。外資系は独自案件が多く、そして動きが早いですからしっかり情報収取しましょう。

もし迷うようなら、総合転職エージェントの2社をそのままキープしましょう。

評判が高い【大手外資系転職エージェント2社】

JACリクルートメント   
キャリアカーバー     

 

💥外資系転職エージェントに登録を迷っているあなたに!

 

「今すぐ転職するわけではないから」
「登録するのめんどくさい」

とサイト登録するのを迷っておられる方が時々おられます。サービスは完全無料でしかも登録は数分で終わるのにです!

そんな人のために私の経験から以下の事をお伝えしておきます!

いま直ぐ転職する気がなくても転職サイトに絶対登録しておいた方が良い理由!

 

お勤めの会社がおかしくなってきた。仕事があわないと感じるようになってきた。もっと給料の良い所にうつりたいと思うようになったなど、仕事を変えたいときにはじめて登録したのでは実は間に合いません。

なぜなら、ストレス・疲労が限界に達すると転職サイトに登録する気力すら無くなるから次の行動に移せず失敗する可能性が高くなります。

転職を今ではなくていつかすると考えているのであれば、普段から気になる求人情報をストックしておくのが良いです

そうすることで【いつでも転職という選択肢】が出来て、思い悩んだり過労で倒れる前に転職という手がいつでも打てるようになります。ここで紹介する求人サイトは登録無料。

あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今は転職できなくても登録して慣れ親しんでおくことこそが良い転職に巡り合うキーともいえるのです。

少なくとも外資系転職をいつかしたいとお考えであれば大手の総合転職エージェントだけでも登録しておいても何らあなたの人生の損にはならないはずです。

 

外資系は転職エージェントを使うべき3つの理由とは?

 

外資転職を成功させるためのコツは以下にあります。

  • 会社の上層部からの直接の引き抜き(スカウト)
  • 転職エージェントを活用して求人を見つける

正直、直接の引き抜き(スカウト)を狙うのは誰もができる事ではありません。
あなたが人脈が豊富でその業界で得意な実績をあげていれば可能でしょう。
しかし、多くの人は転職エージェント経由です。

そして、なぜ転職エージェントを使うべきか大きく分けて3つの理由があります。

① 独自の非公開求人があるから

外資転職の場合、一般の転職求人サイトに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。特に大手総合の転職エージェントは必ず持っています。

 

➁ 外資系転職に特化した対策が必要だから

外資系の転職エージェントは沢山の成功事例を持っています。

過去どのような人が受かって、落ちたのか。またその時にどのようなレジュメや職務経歴書を書き、面接時ではどのような質問をされて、どのように回答したかなどなど。

このような過去の有効なデータを利用しないと圧倒的に不利になります。逆に利用すると他の競合より優位に立てること間違いなしです。

➂ 待遇の交渉もお願いできるから

外資系ですから交渉ごとは必ず入りますね。そのうち大きいのが年収ですね。自分で上手く交渉出来たら良いのですが、内定をもらいたいためについつい言えないなんてこともあります。

その様な時には転職エージェントに相談の上、彼らから上手く伝え交渉してもらうやり方がスマートです。

 評判の良い外資系転職エージェントを利用する7ポイント!

 

せっかく良い転職エージェントを選んでも、それを使うのはあなたです。ここではより上手に活用する方法をおさらいしておきましょう。

① 登録したら2週間に1回くらいコンタクトを取る(更新する)

転職エージェントのシステムは、候補者を検索する時の表示順番が「更新日」(=最終更新日)です。という事は、まめに更新するとあなたの情報が常に上位に出てきます。

キャリアコンサルタントがあなたの情報を見逃さないような工夫が必要です。

➁  転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があります(営業目標)。コンサルタントには必ず「いいところがあればすぐにでも転職を考えている」と答えるようにしましょう。あなたお優先順位が上がるはずです。

➂  担当コンサルタントを選択するくらいが良い

性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。ダメな場合は他のエージェントを探すべきです。良い関係の二人三脚で転職活動はすすめるのがベストです。

➃  経歴やスキルに嘘をつかない

ウソがばれた時にはもうサポートはもらえないと考えておきましょう。

⑤  推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのままコピペして推薦文を書く場合がありますので必ず見せてもらいましょう。

⑥ 同じ求人案件に複数の転職エージェントから応募しない

企業やキャリアコンサルタント両者に不信感を与えるだけです。

 

転職を過度に心配される方に!

 

外資系企業への転職で、過度に心配される人も多いです。いや多すぎます。私に言わせれば!

例えば、、、、、

🔴成果主義の社風についていけなかったらどうしよう!

🔴高い英語スキルを求められ仕事ができないのではないか!

🔴出世やスキルアップ実現できるのか!

🔴首切りが多いので年収が不安定になるのではないか!

🔴スペシャリストで業務が固定化し、仕事にやりがいを感じられるのか!

🔴そもそも日本企業からの転職ではどのような準備が必要なのか!

 

外資系と言ってもさまざま。

日本企業に近い会社もあれば、日本企業と外資系の中間的な評価制度の会社もあれば、実力一本の会社だってあります。

英語力だって同じです。まったく不必要な会社も数多く存在します。

また、最近ではアジアや中国の会社も日本に進出してきており、外資系=欧米企業ではなくなりつつあり外資系企業と言っても環境はそれぞれでバラバラなんです。

実は、これらの不安は一人で考えていても答えはなかなか見つかりません。
なぜなら多くに方は外資系企業で働くのは未経験だからです。

あなたの不安は、評判の良い転職エージェントのコンサルタントに相談するのが
一番てっとり早い。

良い転職エージェントは外資系企業を知りつくし、あなたにあった企業を見つけ出し、転職前のあなたの不安をしっかりとサポートしてくれます。

 

一般的に外資系企業ってどんなところ?

一般的には外資系は、年功序列はないです。

(但し、外資系にもいろいろあり日本に根差してしまった外資系は日本の会社に近い文化を持っておりここで説明する外資系とは別の世界があります)

 

外資系は実力主義できびしい面もあります。でも、考えようによっては年齢に関係なく成果をあげられるとどんどんと仕事を任される傾向がありスッキリ割り切れる部分があります。もちろん、成果を出した分だけ昇給・昇格が⾒込めます。 つまり年功序列はないです。また、⾃分の働きに⾒合った報酬や役職がほしい⼈には最適な場所と言えるでしょう。

 

⽇本企業では、男⼥の出世の機会に差があります。男女雇用均等法が施行されていますが、まだまだ平等とは言えません。一方、外資系では男女や年齢などで、割り振られる仕事、出世、昇給に違いはまず考えられないのです。

 

どんなに忙しくても、休暇はしっかり取りやすいのが一般的な外資系。残業も推奨されませんがこれは自らしている人もいます。

業務時間外に「付き合い」でお酒の席ばかりということはあまりありません。付き合いが薄いとも言えますが無駄な飲み会でお金を使わなくて済みます。

外資系では「仕事は⽣活をするために必要なもの」と割り切っていると言えるのでしょう。オンとオフがはっきりしており特に本国から来た上司はプライベートを⼤切にしている傾向があります。

 

 

あなたが外資系企業転職で求められるものを知ろう?

外資系求められるもの

外資系と日系企業では、「求められる資質」に違いがあります。

日本人に多い、謙へりくだった表現や曖昧な言葉は好まれない傾向にあります。「会社に貢献したい」とあいまいに話すのではなく、「会社にとっていかに役立つ人材か」をあなたの今までの実績を交えてしっかりと話すことが重用。

とはいえ、扱いにくい一匹狼で仕事をするわけではないので、チームの一員として、企業にフィットする人材が求められます。「一緒に働いてみたい」と思わせる、友好的な態度も大切ですね!

外資系転職に向いている人ってどんな人?

今まで外資系で働いてきた中で、私自身を含めてこんな人なら外資系でやっていけるんだなという人を書き出してみます。厳しいようですが、実はごくごく当たり前の事なんです。

★ 結果を出し、それが評価に直結することがあっている人
★ 本国などの戦略や方針の変化に柔軟に対応できる人
★ スペシャリストを目指し、自分で努力して実力を身につけられる人
★ 周囲のサポートなしでもやっていける人
★ 年収にこだわる人

 

外資系転職の後悔を防ぐために5つやるべきことと!

「転職した後で、あ~近ははずではなかった」と後悔しないために私の経験を通して5つの事前準備をまずお伝えします。

これを知るだけでも転職の後悔を事前に防げますよ!!

★ 転職する外資の企業情報のリサーチを徹底的に行う!
★ 転職先の職務内容をしっかり確認する!
★ 日本企業と外資系の求められることの違いをしっかりと理解する!
★ 常に次のキャリアを準備しておく!
★ 専門性を徹底的に追求するための努力は惜しまない!

 

外資系での転職時の面接で注意すべきこと!

①これまでの仕事上の具体的な成果や実績をアピールする!

 

外資系企業に転職するには、20代の人を除き「即戦力として入社後すぐに成果を挙げる」ことが求められます。

特に、30代の転職では今までの実績が重視されます。あなたが応募する会社にどのように貢献できる人間であるか、その根拠となる実績を提示しながら、具体的にアピールすることが大切です。

例えば営業職の場合、具体的な営業成績を盛り込んで、実績を話すと伝わりやすいです。これまでに手掛けた仕事について、どのように工夫して達成したか、そのプロセスを含めて考えてまとめて置くのがポイントですね。

 

➁英語の面接は論理的に話せるように準備しよう!

外資系企業の求人・採用では、英語力はTOEICの点数だけでは判断されません。

TOEICの点数が高くて読み書きは得意であっても、英語でのコミュニケーションが上手くない人も日本人には多いものです。

外資系企業では論理的な思考力が求められ、「英語で論理的に話せること」がアピールポイントとなります。

例えば、実際の仕事などの会議では議論する時に求められるのは、自分の主張をわかりやすくかつ論理的に伝えることです。英語面接では、「正しい英語」よりも、「論理的に伝わる英語」で話すことが大切です。

外資系企業への転職では、会社へ貢献するために「あなたは何ができるか」を論理的に話すことがアピールポイントとなります。特に30代で外資系企業への転職を目指す人は、自信を持って言える内容を準備しましょう。

*尚、外資系と言えども、英語を全く必要としない仕事、ポジション、会社も多いです。また面接時に日本語のみの場合も多いです。

 

最近の外資系の求人は多種多様!!

NPSと従来の顧客満足指標の違い - 株式会社トータル・エンゲージメント ...

 

外資系企業は、ポジションに適した人を中途採用で雇うという感覚が強いです。

日系企業のように長い時間かけてジェネラリストを育成するという感覚はなく、スペシャリストを求人として求める傾向があります。

だからこそ、あなた自身がどのようなキャリアを歩むべきか、しっかりと考えなければなりません。

ただ、一口に外資系企業と言っても、さまざまな国から来ている企業があり、その企業のカラーもはさまざまです。


最近で言うと中国をはじめとしたアジア系の外資系企業の求人も多々あります。
自分の転職の希望に合いそうか、それぞれの企業に対して理解が必要となります。

あなたにあった、外資系求人や必要な準備事項は、転職エージェントと一緒にすすめるのが最も効率的。

一度、あなたに沿った転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:外資系転職に強い評判の転職エージェント9社

 

まとめ:外資系転職に強い評判の転職エージェント9社

外資系転職の成功するポイントは、転職エージェントを上手く利用しながら早めにしっかりと準備をすることです。

こちらでおすすめする転職エージェントは、私自身が使ってみたりして評判が特に良い会社です。

👍外資系転職経験3回の私の提案!!

あなたがもし人生を変えたいならリスクを取りましょう!転職を考えるのって実は面倒だったりします。だからいまの会社に不満があってもスルーして、また朝起きて会社に行って、不満行って繰り返し。。。

また、転職に失敗したら怖いな。今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないななんてことも思います。

でもいつまでもそう思っていたら、一生、自分の輝く道を見つけられませんよ!

 

今の現状に不満があるから、この記事をここまで読んだんですよね?
いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があるのです!