アメリカに移住し仕事をするための王道のファーストステップガイド!

日本を抜け出し仕事をして稼ぎたい!そんな人が目指す国はアメリカが多いと思います。

 

しかし、ただ移住するだけでは生活が成り立たないのはもうご存知でしょう。
やはりアメリカ移住する人がまず考えなければならない事はやっぱり仕事を確保ことです。
先立つものがないと不安なのでここはMUSTでしょう。

 

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

しかしどうやって仕事を見つけるのか。大きく分けて2つくらいあるのだと思います。

 

1. 日本の企業からの派遣(駐在員)
2. アメリカの求人に応募した現地採用

 

よ~し!アメリカに取り敢えず渡って移住しよう!仕事は何とかなるさ。

もし、この様に単純に考えているのならば、最終的には現実に打ちのめされて日本に帰国してしまうのではないかと思われます。

アメリカ移住は、決して夢物語ではありませんがしっかり準備して進めることが必要です。この記事ではアメリカでの仕事の見つけ方にフォーカスしてあなたの夢の実現をお手伝いします。

 

海外で仕事したい人の必須の転職エージェント
↓↓
JAC Recruitment
いつまでも今のままで本当に良いのですか?

*併せて読みたい
JACリクルートメントの評判と登録方法|外資系・大手転職は必須!

 

  1. 日本の企業からの派遣(駐在員)でアメリカで仕事をする!
    1. 海外での勤務(駐在員)のメリット
    2. アメリカでの仕事の経験はキャリア形成に有利!
    3. 駐在を目指すための準備として必要な転職エージェント/サイト
  2. アメリカ現地の求人に応募し現地採用で仕事を得る!
    1. 日本でビサの取得できれば良いが。。。。
    2. アメリカでの就職は簡単ではない? ~発生する問題が3つあります~
      1. 問題1のパターン
      2. 問題2のパターン
      3. 問題3のパターン
    3. 仕事を得ても最終的な欲しいものに繋がらない?
      1. 現状では、型に合わせる必要があります。
    4. 1. 理想の将来計画やキャリアプランを決める!
      1. あなたはどんな仕事に就きたいですか?
      2. キャリアの変更でアメリカで仕事を得る方法!
    5. 2. 取得できるビサや仕事への応募方法!
      1. 理想にあったビザはどんなタイプ?
        1. シュミレーターでビザ出てこなかった場合は!
      2. 私の学歴(卒業証書)は米国で認められますか?
      3. 募集中の仕事はどこで見つけることができますか?
      4. 5%の企業に的を絞る!
    6. 3. 企業(雇用主)と連絡を取ろう!
      1. 就職活動のための4つの戦略
      2. 求人応募(ネット)
      3. 自分で自発的に応募
        1. LinkedInで効率的に応募するために
      4. あなたのネットワークを通して
      5. 直接アプローチ
  3. アメリカに移住し仕事をするための記事のまとめ

日本の企業からの派遣(駐在員)でアメリカで仕事をする!

 

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

一言でいうと駐在員のLビザを取得して渡米する方法です。日本の会社がアメリカにある関連会社に駐在員として派遣するのを利用する方法です。

駐在の資格としては管理職や専門知識を有する人ばかりではなく、今では一般社員も数多く派遣されています。例えば若手のプログラムでの派遣などがその例です。ただし、会社によりますが最低1年以上その会社の日本での勤務が必要な場合があります。

問題は、駐在派遣してくれる会社に入社/転職しないといけない事と、当然実際に社内の中で選考される必要もあります。

しかし、駐在派遣前提に転職求人を応募している企業も多々ありますし、最近は大手ばかりが派遣するのではなく中小企業も駐在員を派遣していることを事実として知っておく必要があります。

✨(参考:東洋経済調査による駐在員の多い会社)

✨詳細はこちらをご覧ください

ポイント解説

✔大手企業だけの駐在員数の情報です。

✔商社/メーカーが多いと思いませんか?あと政府系(JETRO)なんかも狙い目だと思います。

✔専門商社や化学メーカー、サービス業などで海外に支店を持つ企業に就職すると海外駐在の機会をもらえる可能性も高いようです。

トヨタ自動車は、海外30カ国・約80事業体に約2450人の海外勤務者がいるそうです。すご~いと思いませんか?

 

海外での勤務(駐在員)のメリット

もちろん会社や赴任する国にも因りますが、以下のようなメリットがあります。

1. 日本にいる時より給料・手当などの待遇が格段に良くなる
2. 役職が上がりやすく、仕事のやりがいが増す
3. 語学力が伸びる(家族を含め)
4. キャリアアップできてその後の転職に有利になる
5. 現地での人脈の形成に繋がる

慣れない国で大変な事もあるかもしれませんがそれを上回るメリットであると考えられます。

 

アメリカでの仕事の経験はキャリア形成に有利!

駐在の場合、現地で管理職やマネージャー職として海外駐在を命じられます。

しかし、職場での言語や習慣、価値観の違い、慣れない現地生活などプライベートの変化も含め、日本で仕事をやるより困難なことが多く、マネジメント能力が向上することが期待できます。

日本の会社では、ある程度の年齢に求めるのはマネジメント能力と、特定分野のスキルに特化していることです。その意味では、海外勤務経験者は、すでに両方を身に付けているといえます。

 

駐在を目指すための準備として必要な転職エージェント/サイト

駐在を目指すにはその事をサポートして頂ける転職エージェントなどが必要です。コンサルタントと一緒に相談しながら効率よく就職や転職を目指しましょう。

そのための以下の2つをおすすめします。

幅広く求人情報を得るにはリクナビNEXTがベストです。基本的な求人情報を知るために登録しておきましょう。そして、コンサルタントと共に海外駐在員を出している企業への就職や転職を探すにはJAC Recruitmentが良いと思います。

✨併せて読みたい
外資系への転職エージェントの評判

 

アメリカ現地の求人に応募し現地採用で仕事を得る!

全ての人が日本で駐在員を狙い転職できるわけではないですね。
そこで考えたいのがアメリカ現地での仕事探しです。

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

この方法ではやみくもに求人応募しても世界の競合する人が多くて上手く行かないです。この記事ではあなたが最も効率的にアメリカで仕事探しできる方法をお伝えします。

 

日本でビサの取得できれば良いが。。。。

ビザ取得のためにスポンサーを見つける必要があります。それが実現すると、アメリカ渡航のための準備が整い、安心して米国に移動できます。

 

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

先立つものはやはりお金!先に仕事が確保できると安心ですよね!

数年前、私は、アメリカで1年、場合によっては数年間もの間ある職種のプロとしての経験を積むという自分自身への挑戦を決めた経緯があります。

就労ビザがないとアメリカで働けないないですし、就労ビザを取得するには、就職する必要がありました。したがって、まずビザのスポンサーを探す必要がありました。

ここでは、あなたの状況、プロフィール、市民権の希望、期待に合ったビザスポンサーシップを提供するアメリカでの仕事を得る方法を説明します。

それでは、アメリカで仕事を得る方法を見てみましょう!

アメリカでの就職は簡単ではない? ~発生する問題が3つあります~

かなり多くの人がアメリカで仕事を探しているため、誰が、なぜ入国できるかについてのルールがより厳しくなっています。

自分自身の経験でも、またネットでの調査により 3 つの大きな問題に直面している何人もの人を見てきました。

問題1のパターン

会社はあなたを雇いたがっていますが、あなたがビザを取得するまでは雇えないと言われる。

問題2のパターン

やりたい仕事が見つかりましたが、その会社はその仕事ではスポンサーは提供できないといわれてしまう。

問題3のパターン

仕事に応募したにに会社の採用担当とつながることができず、彼らからの返事さえももらえないケース。

アメリカに移住して仕事を見つけるのは簡単ではありませんよね?

上記の 3つのケースがあった場合、仕事は見つかりません。実際、外国人としてアメリカで就職する際の失敗の90%は、こちらで示したたった1つのミスから来ています。

アメリカでの転職事情を把握せず、また目標設定せずに突き進んでしまうと間違いをする可能性があります。

アメリカ仕様の履歴書を作成し、アメリカでの求人に単純に応募することを考える前に、適切な求人と企業をまず選択(ターゲット)する必要があります。

でも、適切な仕事をターゲットするだけでは十分ではありませんよね!

アメリカでは最大で約5%の企業が就労ビザのスポンサーになる可能性があることを理解する必要があります。あなたの状況やプロフィール、また仕事内容よってはさらに少ないかもしれません。

まず、 あなたが何を目標とするか、そしてあなたの状況、プロフィール、何が得られるのかを見てみましょう。

これを考える事でで、適切な企業をターゲットにして効果的に企業にアプローチすることができます。

仕事を得ても最終的な欲しいものに繋がらない?

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

次に、、、私が言わなければならないことをもしかしたら読みたくないかもしれません。あなたの期待を裏切るものかもしれません。
それは以下の事です。

就労ビザでアメリカに移住したからといって、そのこと自体で金持ちになったり、米国に一生滞在できるわけではありませんという事です。

これが今の米国市場の現実です。残念ながら、 あなたのプロフィールが市場に一致しない場合、それは実現しません。

簡単かもしれないですし、難しいかもしれません。でもそれはすべて、あなたが何を望み、何を期待するかにかかっています。ですからまずはしっかり準備をしてください。

現実を受け入れず、事前準備をしたくない場合は、この限りではないです。最終的にあなた次第です。すべてあなたの人生であることを覚えておきましょう。

私の目的はアメリに住んで仕事をして稼ぐことでしたが、その経験を経て今では期待していた以上の生活が送れています。運が良かったからではありません。自分の目標を常に見直し、現実を見て調査したからです。

一歩を踏み出す準備ができていない場合は、アメリカンドリームとは何かを誤解している可能性があることを考えるべきです。

 

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

結局のところ、アメリカへの移住、そして仕事を得て生活をすることはあなた次第なのです!

✨読むと将来のお金の稼ぎ方がわかる!

アメリカなどの海外でお金を稼ぐ10 の方法 (ヒント付き)!
海外が好き!そして旅行が好きなら、冒険したい気持ちもあり経験を広げるためにアメリカなどの海外で働き稼ぐことを考えたことがあるかもしれません。狭い日本を出ちゃいましょう。こちらの記事ではそのための準備やヒントをお伝えします。

 

現状では、型に合わせる必要があります。

これは残念なことですが、就職活度など先に進む前に理解する必要があります。

現状では、成功モデルの型に合わせる必要があります。あなたは時間を無駄にしたくありませんよね。ここまで記事を読んでいれば、この意味をわかっていただけるのでは。。

それでは、アメリカでの就職/転職方法についてご説明しましょう!

1. 理想の将来計画やキャリアプランを決める!

まず第一に、あなたのキャリアプランを策定する必要があります。

あなたはどんな仕事に就きたいですか?

明確な目標を持っている人もいれば、そうでない人もいます。

アメリカでやりたい仕事が決まっているなら、それは素晴らしいことです。何を検索すれば良いかはすでにわかっており、どのタイプの求人に応募したいかも正確にわかっています。

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

あなたはキャリアプランは明確でしょうか!

でもまだ計画を立てていない場合は、米国で何かをする準備ができているなどとは言わないでくださいね。

このような事をあまりにも多くの人が言っているように思います。あなたの目標はアメリカにいて仕事をして経験を積むことだと思います。しかし、まず、そのためのキャリアプランが必要です!

アメリカで仕事を探していたとき、私は同じ状況でした。最初は、自分の分野の仕事だけでなく、すべてに対して幅広く探していました。セールスやマーケティングなどの仕事に応募しましたが、どこも雇ってくれないことがやがてわかりました。

ではどうすれば良いのか。。。。

それは、好きなことや持っているスキルを中心に考える必要があるという事です。

 

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

あなたは、、

どこで働いていましたか?
どんなスキルを持っていますか?
どこを強化する必要がありますか?

 

キャリアの変更でアメリカで仕事を得る方法!

あなたが今していることに嫌だなと感じているなら、転職などの計画が必要でしょう。

最終目標を達成するためには、自分が望むものを見つけ出す必要があります。あなたのスキルや学びたい新しい何かを必要とする仕事やポジションに切り替えます。これで、最終目標に到達するまでロードマップをたどることができます。

将来の目標とその動機、および職業上のキャリアプランを心に留めておいてください。

でもそれは、あなたの専門知識と能力に基づいて達成可能でなければなりません。
知識と能力を十分に活用できるように、学業や仕事に関連する目標を設定することに集中する必要があるかもしれません。

ボランティア活動には時間がかかりますが、職場で生かすことができなかったスキルを習得したい場合は、ボランティアは素晴らしい選択となります。

2. 取得できるビサや仕事への応募方法!

何をしたいのかがわかった外国人は、それが米国市場に適合するかどうかを確認する必要があります。 あなたはまだ就労ビザを持っていないので、どこにでも求人応募できるわけではありません!

あなたのプロフィールとその将来計画が米国市場に適合するかどうかを知るには、それに適したビザがあるか確かめてからこの種のビザのスポンサーになってくれる企業を見つける必要があります。

実際、この時点で、自分がどのタイプのビザを取得する資格があるかを知ることが重要なんです。
その理由は、あなたにとり理想のビザ、あなたの状況やプロフィール、描いたキャリアプランによって、対象となる企業やその企業へのアプローチは全く異なるからです

 

理想にあったビザはどんなタイプ?

就労ビザは非常に複雑です。

アメリカの移民局はあなたの状況やプロフィール (年齢、市民権、婚姻状況、滞在期間、活動分野、業界、経験年数、スキル、英語レベルなど) の多くを考慮に入れています。

理想的なビザは次の条件によっても異なります。

  • 市民権: あなたの母国が(日本など)、米国と条約を結んでいる場合と結んでいない場合があります。それにより、非常に特殊なタイプのビザを取得することになるかもしれません。
  • 卒業: 5年以上の経験または中等教育の卒業証書をお持ちの場合は、ビザを取得しやすくなります。
  • キャリア:現在お勤めの会社により異なります。会社によっては、米国への転勤を認めている場合があります。
  • スキル: 専門分野や業界によっても異なります。これらに応じて、特定のビザを取得できます。
  • 期間: どのくらいの期間米国に滞在したいですか? 一部のビザは数か月間です。その他は永続的です。

ビザが上記の基準に適合するかは、 英語ではありますがこのビザシミュレーター テストを受けてみても良いでしょう。できるだけ具体的に答えてください。正確に答えてください。嘘はNGです。間違った結果が出るからです。

ここであなたにとり理想的なビザが結果として出てきたらおめでとうございます! あなたは正しい求人方法で進んでいます。しかし、その達成は必ずしも簡単ではないことも理解してくださいね。

シュミレーターでビザ出てこなかった場合は!

残念ながら、あなたの現在の状況と将来計画を考えると、アメリカで経験を積むことは不可能であることを意味します。

先ほどお話ししたように、現実に応じてキャリアパスまたは爽籟の夢を変更させてい必要があります. その場合は、直接ご連絡いただければ幸いです。

 

✨アメリカのビサの種類を知る!

アメリカで働く!米国就労ビザ10種類と資格要件のまとめを理解しよう
米国の就労ビザは、別の国で働く許可を与える一種の雇用許可です。米国での就労に関心のある外国籍の方は、ビザを申請して取得する必要があります。 この記事では、就労ビザとは何かについて説明し、10 種類の就労ビザとその要件を共有します。

 

私の学歴(卒業証書)は米国で認められますか?

探している分野によっては、学位、卒業証書、または証明書が必要になる場合があります。場合によっては、自国の学歴(卒業証書)で十分な場合があります。そうでない場合もあります。

これは分野によります。例えばヘルスケア(医師、看護師、専門家など)などの特定の職種では、同等の学位が必要になるか、別の学位が必要になります。

以下は特殊な仕事の例です!

  • 看護師の場合は、同等の試験に合格する必要があります。
  • 医師一般開業医、または専門家である場合、同等であるだけでは十分ではありません。州の有効なライセンスを取得する必要があります。
  • 薬局 で働きたい場合は、同等の学位も必要です。
  • あなたが弁護士である場合は、州弁護士会 (米国) に業務を行うためのライセンスを申請する必要があります。
  • 不動産業者になりたい場合は、開業したい州の免許も必要です。

したがって、上記のケースのいずれかに当てはまる場合は、スポンサー企業を探す前に、他のものを準備する必要があります。 

しかしご安心ください。他のすべての職種では、間違いでない限り卒業学位と同等である必要はないです。私の経験では、マーケティング、コミュニケーション、セールス、IT、人事、財務などがこれに当てはまります

外資系転職3回「トミー」
外資系転職3回「トミー」

英語ですがここでより正確に確認できます。

募集中の仕事はどこで見つけることができますか?

米国の企業の 95% は、ビザのスポンサーシップを提供しないことに注意してください。

なぜなら、企業は現地でのアメリカ人の雇用を優先的に考えているからです。そのため、たとえ希望する分野で、自分のプロフィールと完全に一致するとても良い求人情報を見つけたとしても、 95% の確率でうまくいくわけではありません

考えてみてください。ビサなどの事務処理なしに雇用を確保できるのに、わざわざ海外からの移民を雇用する理由がないですよね。

まず、 ネットで見つけたすべての仕事に応募して時間を無駄にしないでください。

普通の会社の反応は、面接を受けた時点でビザの話題になると、会社は引いてしまいます。ようするにビザのスポンサーシップはないわけです。

そこで、外国人を雇用することに慣れている 残りの5% の企業ターゲットにする必要があるわけです。

5%の企業に的を絞る!

アメリカで仕事を得る方法を知りたいなら、間違えてはいけません。必要なことは、スポンサー企業のみをターゲットにすることです。

ここをクリックすると、あなたの必要なビザでスポンサー制度があり雇用に慣れている企業の分野を求人を見つけることができます。

このサイトのUSponsor Me にはスポンサー企業 のみが含まれています 。フィルタリングして、アメリカでの仕事を見つけるために必要なものをすべて見つけることができます!

資格のあるビザによっては、市民権を持つ人々を後援する企業のみをフィルタリングする必要がある場合もあります。そのため、 USponsor Meスポンサー検索エンジンにアクセスしたら  、次のフィルターを適用する必要があります。

  • 潜在的な将来のビザ (+該当する場合は市民権)
  •  対象とする役職( + 該当する場合は業界)
  •  ターゲットとする地域 (該当する場合)

検索エンジンは、ビザ、場所、やりたいことに関して、適切な企業の最高の仕事をすべて返します。しかもスポンサー企業のみ検索!それは実際、あなた と会社が必要としているものとの間で最も適しています。

3. 企業(雇用主)と連絡を取ろう!

アプローチ戦略を考える必要があります。仕事を探しているときに雇用主に連絡するのは難しい場合があります。しかし、いつ、どのように進めればよいかを正確に知っていれば、それはもはや問題ではありません。

米国で仕事を探すために検索を続ける前に、次のことを行う必要があります。

  • どんな仕事が良いかをしっかりと考える
  • ビザの種類を知る
  • 学歴など(卒業証書)がアメリカで仕事をするのに十分であることを確認する
  • ビザ取得をサポートしてくれる、外国人に慣れている企業のみをターゲットにする
  • 強力な履歴書を用意する(カバーレター、オンラインプレゼンス、および推奨書類など)

就職活動のための4つの戦略

  • 求人への応募 ネットで募集中の求人に応募する場合
  • 自分で自発的に応募 – 現在募集中の求人がない企業に応募する場合
  • 紹介や推薦 –知人や友人から推薦の場合
  • 直接的なアプローチ – 企業に直接連絡を取ること

それでは、これらの4 つの応募のための求職戦略を見て、どれを利用すべきかを判断しましょう。

求人応募(ネット)

あなたが最もよく知っている応募方法です。ただし、利用方法を間違えるとかなりの時間のロスになります。

あなたが犯す可能性のある最大の間違えは、目にするすべての求人に応募することです。あなたは外国人であり、ビザが必要であることを思い出してください。

また、米国の企業の16 社に1 社のみが、従業員を雇用してスポンサーとしてビザを取得しています。さらに、スポンサー企業は技術的にすべての種類のビザをスポンサーすることはできません。

一般の求人掲示板に掲載されている求人に応募するということは、他の人と、特にすでに就労許可を持っている地元の人たちと競争していることを意味します。アメリカ人でも、オンラインで応募して仕事を見つけるのは難しい。

毎年、1 億人以上の人々がアメリカで仕事を探しています。オンラインで掲載されている求人はわずか20%ですが、候補者の75% がオンラインで応募しています。これは、求人広告ごとに、会社が平均250件の応募を受け取ることを意味します。

それがATS(申請者追跡システム)が存在する理由です。申請書の提出中に、「現在、または将来、ビザのスポンサーシップが必要ですか?」と尋ねられることがよくあります。 誠実に答えると、ATS によって自動的に登録されます。

ATS(採用管理システム)とは「Applicant Tracking System」の略で、採用業務に関わる情報を一元管理し、採用効率を改善させることのできるシステムで企業側が導入するAIシステムです。多くのATSでは以下のような機能を利用できます。

一括求人掲載、応募者の情報管理、選考状況の一覧化・可視化、自動メール送信、分析機能

 

自分で自発的に応募

米国で募集中の求人の 80%は求人掲示板に掲載されていないと言われています。

Visa Guaranteedをみて求人に応募するだけでなく、自発的に求人に応募することをお勧めします。 その理由は直接の競合相手がまったくいないことです!

アメリカでは自発的に応募して仕事を見つける方法も有効です。

しかし、簡単なカバーレターと履歴書を添えて、自分の仕事分野に関連する企業に何百もの自発的な応募を送ることでは効率が悪いです。たまたまヒットすることもあるかもしれませんが。

別の方法があります。LinkedInの活用です。

登録するとリクルーターから毎週、LinkedInを通じて連絡先のリクエストが届いていませんか。
彼らが私とつながりたいと思っているのは、それは登録したプロフィールが彼らにとって興味があることを示しています。

履歴書もカバーレターも添付せずに、簡単なメッセージを送ってみてください。中にはそのメッセージに対する返事があるでしょう。しかもビサのサポートをしてくれる会社であることもあるのです。

LinkedInで効率的に応募するために

  • 採用担当者を引き付けるには、LinkedIn上での強力なプロフィール登録 が必要です。
  • 採用担当者からのコンタクト申請を受けましょう。
  • 準備ができたら、連絡先にあるリクルーターをすべて取得し、彼らが勧める会社を調査し、ビサのスポンサーを提供していることか確認してください。

 

登録はこちらから ➡ LinkedIn 日本: ログインまたはメンバー登録

あなたのネットワークを通して

米国でのネットワーキングの重要性と、独自のネットワークを活用する方法について説明します。

現在、米国にネットワークがないと思われる場合でも、 ネットワークの使用方法に関する投稿をお読みください。「ネットワーク」と言うとき、多くの人はアメリカでは持っていないと考えます。しかし本当にそうなのか今一度見直してみてくださいね。このステップをスキップしないでください。

でも、たとえネットワーキングがあったとしても、多くの見知らぬ人に連絡を取ることではありません. これは、自分に合わない求人情報に直接応募するのと同じくらい非効率です。

ネットワーキングとは、あなたの過去のパフォーマンスを保証し、他の人にあなたを推薦することができる、あなたが知っている人々を活用することです。 ですから、あなたを個人的に知っている人だけではありません。 彼らは、外国人向けの米国での求人の面接を確保するのを手伝ってくれるかもしれません.

間違いなく、最も効果的でありながら、最も活用されていない雇用獲得方法の1つは、この個人的なネットワーキングによるものです。特にアメリカの文化では、ネットワークは重要な要素です。

しかしながらそんなのないよという人もいるかもしれません。アメリカで求職のための人脈がつかめない場合は、次の直接アプローチに進みましょう。

直接アプローチ

これが最後のアプローチですが、少なくともアプローチとは言えないかもしれません。通常、最も知られていない方法です。しかし実際には、それはネットワーキングよりもはるかに広いものでもあり、ネットワーキング戦略とほぼ同じくらい強力です。

ネットワーキングは、あなたを推薦し、紹介してくれた人から企業の連絡先にアプローチするための最良の戦略です。

直接アプローチは、実際には同じ事実を使用しています。つまり、会社の内部の人に直接的に連絡します。

ターゲット業界や企業内の連絡先を見つけて連絡を取ることは有効的な戦略です。彼らは実際に、企業で募集中の求人に関する内部情報を提供してくれますし、採用プロセスやその会社で働くのがどのようなものかについて正確な情報を提供してくれる可能性があります。

この場合、オンラインでの申請はできません。あなたがやろうとしていることは、この会社に関連する内部連絡先をターゲットにして連絡し、電話で連絡を取って新しい連絡先との関係を確立することです。

あなたの目標は、その会社の最大の課題を知ることであり、またその後人事部に紹介されたりして採用プロセスをさらに進めることができます。

 

アメリカに移住し仕事をするための記事のまとめ

この記事では以下の方法をお伝えしてきました。

①駐在としてアメリカ在住/仕事を得る/そして移住を目指すやり方

➁アメリカ現地の求人に応募して仕事を得て移住するやり方

この2つの道があります。

どちらを選んでもアメリカ移住を目指して仕事ができます。しかし
日本での準備がとても大切な点をお話してきました。

あなたのアメリカでの夢がかなうようにしっかり調査して一歩ずつ前に進んでいきましょう。
そうすることで必ずアメリカに移住できるでしょう。

JACリクルートメントでアメリカ移住/仕事を得る↓

JAC Recruitment