アメリカで働く!米国就労ビザ10種類と資格要件のまとめを理解しよう

 

米国の就労ビザは、別の国で働く許可を与える一種の雇用許可です。
米国での就労に関心のある外国籍の方は、ビザを申請して取得する必要があります。

この記事では、就労ビザとは何かについて説明し、10 種類の就労ビザとその要件を共有します。

 

💥海外で人生を変えたい人の転職エージェント
↓↓
JAC Recruitment
いつまでも今のままで本当に良いのですか?

 

米国就労ビザとは?

アメリカには就労目的や永住または一時滞在の目的に応じて、さまざまな種類のビザがあります。

さまざまな種類のビザとその資格について知ると、目的に最も適したビザ習得のために役立ちます。通常、従業員は、雇用ビザと、特定の国でのキャリアを追求するための追加の労働許可証が必要になります。

関連: 海外でお金を稼ぐ10の方法(ヒント付き)

10種類の米国就労ビザ

アメリカの非移民ビザと移民ビザの両方を含む、10 種類の就労ビザの概要を以下説明していきます。

非移民ビザ

非移民就労ビザでは、再申請して期限を延長しない限り、ビザの有効期限が切れる日までに米国を出国する必要があります。以下の非移民ビザにより、従業員は米国の特定の雇用主の下で働くことができます

1.H-1B専門職

これは米国で最も人気のあるタイプの就労ビザで、コンピュータ サイエンスやエンジニアリングなどの専門職に従事する他の国の人々が利用できます。

このタイプのビザは人気のため、供給には年間上限があります。このタイプのビザの資格を得るには、米国の雇用主からの求人があり、専門職に就いている必要があります。

2. L-1ビザ

このタイプの非移民ビザは、米国企業と提携している外国企業で働く従業員向けです。

従業員が組織内の米国支店に転勤した場合、このタイプの就労ビザが必要になります。さらに、このタイプの就労ビザは、従業員が外国企業によって米国に拠点を置くオフィスを設立するために米国に転勤する場合に適用されます。

従業員が資格を得るには、米国に入国する前の 3 年間に、外国企業で 1 年連続して働いている必要があります。

 

3. O-1ビザ

この非移民ビザは、その分野で並外れたスキルを持っている人のためのものです。あなたが自分の仕事で並外れていることを示すには、その分野のトップであり、その功績で国内的または国際的に知られていることを示すことができる必要があります。

 

 4. E-1ビザ

このタイプのビザは、特定の国の人々が貿易活動を行うために米国を訪問することを許可するのものです。この就労ビザは、投資家または貿易業者として取得できます。

投資家として米国に来たい場合は、米国に多額の資金を投資する必要があります。ビジネスを展開し、投資を発展させるために来ていることを示すことが必要です。

 

5.TNビザ

TN 就労ビザは、北米自由貿易協定 (NAFTA) によって作成されました。

これは、雇用主のために働くために米国に来たいメキシコ人またはカナダ人を対象としています。ですから日本人には関係のないビサです。

資格を得るには、あなたがこれらの国の市民であることを証明し、米国の雇用主からの求人があり、NAFTA の下で資格のある地位にあることを証明する必要があります。いくつかの例は、弁護士、科学者、エンジニア、会計士、薬剤師です。

 

6. オーストラリア専門職ビザ

このビザは、オーストラリアからの外国人、その配偶者、および 21 歳未満の子供にのみ適用されます。

申請者は、専門職で働くために米国に行く必要があります。申請者の配偶者と子供はその数にカウントされませんが、毎年発行されるこれらのビザの数は限られています。

応募者は、学士号または外国の同等の学位を取得し、専門職を埋めるために必要な特別なスキルセットを持ち、米国企業からの求人を持っている必要があります。

 

7. 季節農作業ビザ

季節農業労働者ビザ (H2-A) は、国内の従業員が不足している限り、一時的または季節的に働くために米国に来たい外国人労働者が利用できます。

これらの一時的なビザはわずか 3 年に制限されていて、資格を得るには、労働者は承認された国から来なければなりません。

移民ビザ

移民ビザは、米国で永住し、働くことを計画している外国人に発行される就労ビザの一種です。

場合によっては、従業員として米国に移住した後にこれらの就労ビザを申請できる場合があります。これにより、従業員はステータスを永住者に変更し、米国を離れる必要がなくなります。

 

8. EB-1ファースト・プリファレンス

EB-1 First Preference ビザは、3 つの方法で申請できます。それぞれについて、米国では、特定の基準を満たし、個人または雇用主を通じて請願書を提出する必要があります。申請できる EB-1 就労ビザの 3 種類は次のとおりです。

  • 並外れた能力:科学、芸術、教育、ビジネス、またはスポーツで並外れた能力を発揮できる場合は、このパスウェイの資格があります。

  • 優秀な教授および研究者:このパスウェイでは、米国では、学問分野での業績が国際的に認められていることを証明し、少なくとも 3 年間の教育または研究の経験が必要です。

  • 特定の多国籍マネージャーまたはエグゼクティブ:米国を拠点とする国際企業のマネージャーまたはエグゼクティブとして働くことを計画している場合は、このパスを選択できます。

9. EB-2 セカンド・プリファレンス

この就労ビザは、専門分野で高度な学位または卓越した能力を持っている場合に取得できます。

上級学位を取得している場合は、公式の成績証明書など、このビザを取得するための書類を提示できます。優れた能力を持つ EB-2 ビザの資格を得るには、米国では、次のような書類を提出して特定の基準を満たす必要があります。

  • 正式な学歴

  • 少なくとも 10 年間のフルタイムの経験を証明する雇用主からの手紙

  • ライセンスまたは認証

  • あなたの並外れた能力を示す給与の証拠

  • 専門家協会への入会

  • あなたの業績と分野への貢献に対する認識

10. EB-3 サード・プリファレンス

このタイプの移民ビザは、米国で就労証明書を取得し、常勤のフルタイムの仕事を提供されている場合に利用できます。このビザの対象となる従業員には次の 3 種類があります。

  • 熟練労働者: 熟練労働者としての資格を得るには、米国では、少なくとも 2 年間の訓練または経験があり、職位の学歴または経験要件を満たす必要があります。

  • 専門家: 専門職に従事し、学士号または同等の学位を取得していれば、専門家としての資格を得ることができます。

  • 未熟練労働者:このカテゴリーでは、職務に期待される労働力を発揮できることを証明する必要があります。

 

併せて読みたい

外国人がアメリカのビサや労働許可証を取り働くための準備と取得方法
今の日本では窮屈だ。もっとキャリアアップできる環境で働いてみたいなど様々な理由でアメリカのビザを取得して労働許可証をもらい仕事をしながら住んでみたいと思う人が増えていますね!外資系転職3回「トミー...
【外資系転職エージェントの評判】あなたにぴったりのおすすめ厳選9社!
日本の会社でキャリアアップを考えられなくなったあなた。外資系への転職を考える時期かもしれません。しかし、外資系への転職は色々と不安ありますよね。この記事では転職での不安を解消しつつ、あなたにあった外資系企業を紹介する評判の良い外資系転職エージェントをご紹介します。上手に利用することで思わぬ優良案件に巡り合えることもありますよ。