Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

知らなきゃ損! 40代で外資系への転職前に考えるべき事実とは!

外資 転職 40代

「40代になり、妻子がいる中で、首を切られる可能性が高い外資系企業へ転職しても活躍できるか?」こんなことで悩んでいる人は多いのではないかと思います。

日本の企業も終身雇用と言いながら、バブルがはじけたあたりから会社の存続やあなたご自身のポジションも怪しくなってきたから、ひそかに転職活動を始めている人も多いはずです。

同じ転職するなら、40代なら年収の高い外資系企業への転職に目が向くのは当然ですね。

でも、40代から定年まで約20年間にわたって、会社から要求される結果が出せるか、また、仕事で活躍どころか、しくじって首にはならないかという外資系特有の未知数な分部が多いため、不安を抱えている方が多いのではないでしょうか?

結論から、お伝えします(外資系企業への転職経験がある私の経験からいえること)

外資系企業への転職は不安があると思うものの、結局転職してみないとわからない事も多いのです。それは日系企業への転職も同じですし、そのまま転職せずに今の会社に在籍していても不安はあるでしょう。

それなら、やりがいがあって活躍できる可能性があり、そして、昇進が早く高い給料をもらえる外資系の方が断然よいと思います。

この記事では、40代の外資系への転職希望者に対しての、私なりの意見をお伝えしたいと思います。

40代外資系へ転職なら
▼キャリアカーバ(完全無料サービス)▼
CAREER CARVER

40代の外資系への転職の3つの不安とは!

外資 転職 40代

40代の転職希望者で、外資系に転職したいと思っているけど、先入観から、外資系への不安を抱えている人はいませんか?

まずは外資系企業の実情を知り、不安を解消しましょう。

①収入の不安定さは本当?

外資系企業は、成果に合った収入が得られる反面、成果が上がらなければ収入が減ることは事実です。ただ、それは営業など成績が直接収入に直結する職種の場合に多いのです。

バックオフィスの管理系は、また別の角度からも評価されますし、秘書、事務などのサポート業務といった大幅な収入アップにはならなくても安定して稼ぐことのできる職種も多くあります。

また、外資系と一口に言っても、日本の拠点で長くビジネスをしている外資系の中には日本の会社に近い評価の会社も一定数あります。

②突然のクビっていうイメージあるけど本当?

本社が海外にあり急に日本から撤退するなどの時は、突然の転勤、解雇の可能性も聞きます。しかし一方日本の雇用に即したやり方を取っている企業も多いですし、一方的な解雇はほぼない所もあります。

また、かりに解雇を告げられても、なかには出社せずに在職し、転職活動をすることができる場合もあるため、収入の心配をすることなく転職先を探すことができる会社が多いです。

外資系だからと言い、何かあればクビになる、というイメージは払拭しておいた方が良いですね。欧州系の企業は比較的雇用を守ろうとする文化があります。

③英語力が必須は本当?

どの国の企業か、職種、ポジションによります。一概には言えません。英語力がまったく要らない外資系企業も多いです。

外国資本が100%の企業から、外国の資本は30%ほどで日本人スタッフばかりの企業、日系企業との合弁会社などがあるからです。また、日本にある外資の顧客は日本の企業であり日本人ですのでその意味でも英語は必要ないケースも多いです。

ですから、必ずしも高い英語力が求められるわけではありません。

もちろん英語はできたことに越したことはありません。会話レベルの英語でも大丈夫な企業や、中国をはじめとした東南アジアの企業に転職となれば、英語力がなくても採用の可能性も広がりますね。

外資系企業もいろいろ

前述でも触れましたが、外資系と言っても様々です。アメリカからのバリバリの外資もあれば、欧州企業のように雇用で日本に比較的近い考え方の企業もあります。
また、最近では、中国企業やアジア系の企業も増えてきています。さらに、日本の会社と合弁企業や日本人ばかりの外資系企業など様々。
先入観だけで外資系企業への転職に漠然と不安を持つのはおかしいですので、あなたが希望する会社はどのような会社かを転職エージェント経由で調査しましょう。

日本の企業でも今後どうなるか誰にもわからない!

外資系企業

外資系企業のイメージとして、昔から「雇用の不安定さ」がありますね。たしかに外資系企業には、日本撤退や部門閉鎖という事もたまには聞きます。

ただ最近の日系企業も同じように雇用の不安定さがないですか?

リストラ、給料の減額等いろいろあります。日系の大企業が大規模な人員削減を行なっているケースもここ数年目立ってきています。

「日本企業=(イコール)終身雇用で一生涯安定という時代」はもうとっくになくなってきています。

であるなら、日本の企業に勤め、20年、30年先が安定し保障されているかも?という甘い考えより、好条件の仕事があれば、新しいことにチャレンジできる外資系のほうがむしろ安定志向と言えるかもしれません。

特に40代の人にとり、転職活動で年齢ではじかれなく、「今まで仕事を通してやってきた事」を素直に評価してくれる外資系企業の採用の方があなたの転職活動には良いかもしれません!

私の場合はそうでしたよ!

結局、40代は外資でも日系でも転職して働いてみないとわからない事が多い!

実際に、あなた自身がうまく外資系や日系企業に転職できたとしましょう。

でも、入ってみなければわからないことは多々あります。また今の会社で働いていた時のように、1つの会社で安定を求めなくなるあなた自身がいるかもしれません。

周りにの人を見て刺激を大いに受ける可能性もあります。いざ転職してみると、「あ、今まで悩んできたことは何だったのか。そんなに思いこまなくても良かったとなる人が多いような気がします!もっとなぜ早く転職しなかったのであろうと思うかもです!」

私自身も外資系に初めて転職した時は、この会社を3年でやめてまた転職するとは考えてもいませんでした。しかし、実際に第二の転職をしました。

転職後は「もっと良いところがあれば・・・」と考えるようになり、2回目の転職は、かなり前向きな転職だったと捉えており、自分のキャリアプランを達成するためには必要な事だったと思っています。

つまり、、、転職はやってみないとわからいことも多いという事です。

一度も転職したことがなく、そしてあなたが家族を抱える40代だとすればなおさら保守的になります。

しかし、転職してみると、案外、外資系の環境があっているかも知れないですし、もっと上を目指してサラリーマンで活躍しようと考えるかもしれません。

日系企業の場合は大きく昇進し、給料が増えるという様な事はまず無理です。

であるなら、その可能性が大いにある外資系の方が良いではないかと私は思います。

40代の外資への転職希望者へのアドバイス!!(まとめ)

40代にとり好条件の転職ができる可能性は、日本の企業より外資系企業の方が圧倒的に高いと思います。

40代 外資への転職

そのような好条件のところを求めて、転職を考えておられるなら、40代でも外資系への転職はその第一歩になるはずです。

というより、その第一歩を踏み出せば、より好条件のところにとお考えになる可能性は高いと思います。

大手の日本企業でも業績が怪しくなり(東芝、シャープなど)、昔と違って将来への不透明感が満載だと思いませんか?

外資系企業と言っても、「英語力不問の所」、「アジア系企業」なども最近は多く存在して、まじめに仕事に取り組んだ成果で昇進できるのが外資系企業の特徴です。

一歩踏み出す勇気があれば、あなたの人生は好転するかもしれません。前に進むかどうかはあなた次第だと思います。

迷っていても、前に進みません。私は、40代での外資系企業への転職を素直に応援します。なぜなら、その方が好転する確率がとても高いと思うからです!

40代外資系へ転職なら
▼キャリアカーバ(完全無料サービス)▼
CAREER CARVER