Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

20代での外資系転職|市場を理解したすべらない活動方法とは!

キャリアを積んでいない、20代の若い人でも最近は外資系への転職を考える人が増えてきました。でも、外資系企業は成果主義ですので外資系の世界は未経験の20代でもうまく仕事をできるのかが気になるところかと思います。

今回は20代の転職検討者にフォーカスをしてみたいと思います。

外資系転職市場は20代前半と後半では異なる!!

20代で外資系企業への転職を考える時は、2つに分けて考えるべきというのが私の意見です。

20代の前半と後半の違いは何でしょうか?それは、『業務経験の深さ』と捉えるべきともいえますね。

では、前半と後半に分けてみていきましょう。

20代前半で外資系への転職

定義をまずしたいと思います。20代前半というのは、おおむね職務経験3年未満の第二新卒の場合と考えてよいでしょう。

新卒で入社した企業から、3年未満で外資系の会社へと転職しようと考えた場合は、求人の選択肢は全くないわけではないですが、その求人数はかなり絞られます。

日本の企業では、大手企業を中心に中途採用でも第二新卒向けの総合職採用を展開している企業も多くあります。第二新卒という言葉が生まれたくらいなのでそれだけ需要と共有があるということかと思います。

しかし、外資系企業の多くの場合は、職種別採用が基本で、”スペシャリスト”を求める傾向がありますので、ほとんどの求人には『業務経験3年以上』という条件がついているのです。

だから、業務経験が3年未満で転職する場合、なにか比較的強いアピールがないと新卒社員とほとんど変わらないので難しいのが現状かと思います。

20代前半でも見られる外資系企業の求人は以下が多いのが、現状かと思います。

  • セールス系求人(外資系製薬会社のMR、外資系IT企業の営業 など)
  • 事務系求人(英語を使う事務、人事、総務などのアシスタント)

技術系、企画系、マーケティング系、事業開発系などの転職案件は、業務経験が少ない人の求人はほとんどありません。

ですので、このような経験を必要とする職種で外資系に転職したい時は、キャリア戦略として今の会社で少し職務経験を積んで、外資系企業にアピールできるものを持ち、即戦力としう簿するのが良いでしょう。

20代後半で外資系への転職

20代で職務経験が、3年から5年以上ある方は、外資系、のみならず日本企業の転職市場では実はもっともアピール度が高く、人気があり、フィットする多くの求人情報を目にすることができます。

繰り返しになりますが、外資系企業は『スペシャリスト採用』が大前提ですので、異職種への転職は多少難易度が上がりますが、同職種ないであれば、職務経験を活かした幅広い求人があります。

ポジションとしては、一般社員からアシスタントマネジャーレベルの求人が数多くあります。職務経験が3年未満だと、まだ入社したての若手と見られることが多いですが、5年程度あれば(あるいはそれ以上)、ポテンシャル採用も加味した、即戦力として見てくれる可能性は十分あります。

また、職務における専門性はもちろんですが、何かのプロジェクトなどのリーダーなどの経験などがあるとよりアピール度は高まるはずです。

20代転職者の気になる年収相場

20代の外資系求人の年収相場は、400万円から始まり、高いレベルでは800万円程度くらいです。

マネージャー、アシスタントマネージャーでなければ、年収相場としては日系企業とあまり変わらず、400万円~450万円程度の求人がボリュームゾーンです。

ただし、20代の後半(28~29歳)であると、30代前半と同じ部類に入りマネージャーアシスタントマネジャークラスの求人となると、800万円の案件もあります。もちろん、それ以上も望める求人もありますが、数としてはそれほど多いとは言えないでしょう。

ご承知のように、外資系の場合は、成果主義で入社後の昇給は結果次第ですし、逆に成果次第では降給や解雇などもありえます。

20代の場合は転職前に年収はそこまで気にする必要はなく、

  • キャリアアップにつながるか
  • 成長することができるか

などその後の自分の市場価値が高まる転職かどうかで転職先を選択するのが良いキャリア戦略と思います。

おすすめの転職会社はどこか?

20代の転職者が選ぶべきエージェントは、間違えなく大手の転職エージェントです。その理由は、20代若手に関しては、大手の転職エージェントがターゲットにしており、求人案件(非公開含む)を数多く保有しているからです。

また、大手エージェントは、20代の若手の転職実績も豊富でそのためのサポート(面接支援、職務経歴書・履歴書作成支援など)も圧倒的に充実しています。

以下の転職エージェントに登録するのが良いでしょう。両方登録して、転職活動時期を早期に終わられる方法も有効です。

リクルートエージェント

DODA 

シェアする