外資系企業には向き不向きがあります|転職後ありがちな誤解とは!

外資系企業には向き不向きがあります。

外資系企業は、あたりまえのように日本企業とは異なり、企業文化、仕事の仕方、社風などに大きな違いがあります。

しかしその違いは人によって感じ方がさまざまで、絶対に日系企業の方が良い、絶対に外資系企業のほうが良いということは言えません。

ですから、もしあなたが外資系企業への転職を考えているのなら、まずはあなた自身が外資系企業に向くタイプか、不向きのタイプかを考えてから転職活動をはじめる必要があります。

この記事では、外資系企業に「向いている人」、「不向きな人」はどんな人なのかにフォーカスして書いていきます。
この情報をベースに外資系企業への向き、不向きをまずは判断することが大切かと思います。

外資系転職ならリクルートエージェント「公式サイト」↓

リクルートエージェント

まずは”外資系って”どんなところだろう?

外資系企業と一言で言ってもさまざまな会社があり、多種多様です。

例えば、外国に本社があり日本支社がある場合、日本法人として置かれている場合、元々は日本企業だったが外国の会社が買収等を行った場合などがあります。

年収が高いが成果主義でクビになりやすいといった、通常みなが抱いている外資系のイメージそのものの会社もあれば、逆に日系企業の特徴である年功序列、終身雇用といった制度を取り入れており実は日本企業となんら変わらない企業もあります。

外資系企業に向いている人とは!

では、まずは外資系企業に向いている人の特徴を紹介していきましょう。

労働時間よりもアウトプットだと考えている人

外資系企業は基本的に成果主義で、いくら長く働いても成果を出せなければ評価されることはありません。

むしろ、長時間残業することは、時間内に仕事が終わらない人と認識されてしまいます。

残業なんてしたくない、とにかく結果だけを見てほしいという人、そして限られた時間で成果をだす為に工夫していける人は向いている環境であると言えます。

柔軟性がある人

外資系企業の場合、考え方の大きく違う海外の人とも一緒に仕事をしていかなくてはならないケースもあります。

当然、文化や慣習が異なるため、日本人同士と違い、柔軟に対応していかなくてはなりません。

日本ではこれが常識だからと一つの仕事のやり方にこだわっていると、なかなか仕事は上手く推進できないでしょう。

また、外資系企業は成果主義なので、成果を出すための方針やアクションが結構変わる場合があります。この方針の転換についていける人は外資系企業に向いている人といえるでしょう。

英語が話せる人

外資系企業だからと言って、必ずしも英語が話せなくてはいけないというわけではないのです。これは部署やポジションによるのですが、でもやっぱり話せるにこしたことはありませんよね。

仕事においてコミュニケーションを上手くとれるかどうかは、成果をだせるかどうかに直接つながってくるため、英語を話せないことで相手に意思が伝わらず仕事がスムーズに進まなかったなんてことは多々あるのです。

ですから、やはり英語は話せるように最低限の努力はしておくべきです。

負けず嫌いだと感じている人

外資系は成果主義をとっているので、自分よりも年下で、経験が少ない人であっても自分より年収矢ポジションが高いなんてことは多々あります。

そうなった時に、悔しい、負けたくないと思って、その悔しさの部分を自分のモチベーションに変えることが自然とできる人は外資系に向いていると言えるでしょう。

JACリクルートメント「公式サイト」↓

JAC Recruitment

外資系企業に向いていない人とは!

では、逆に外資系企業に向いていない人はどういう人なのかを見ていきましょう。

安定をまず第一に考える人

外資系企業と日系企業を比べると、安定して働けるのはやはり日系企業です。安定の定義にもよりますが。

たいして成果をだせなくても、それなりに良い給料を貰うことができ、クビにされることはまずない日系企業は、相対的にプレッシャーも少なく働くことができるのが特徴です。

(注意)
最近は、少々環境が変わってきて、日本企業でもすぐにクビにはならないものの、退職勧奨などリストラを進められる場合やどうでも良い部署への異動などはあります。

目に見える成果を出せない人

例えば今の会社で、周りとの比較で成果をだすことができていない人は外資系企業は辞めておいたほうが無難かもしれません。

外資系企業は仕事ができる人と仕事ができない人に明確な差をつけるところです。

一方、日系企業はそれほど差は大きくなく、いくら仕事ができてもそこまで給料は増えないものの、仕事ができなくても下げられることはありません。

日本企業では、仕事ができる人にとっては不満を感じることが多いかもしれませんが、仕事ができない人にとってはむしろ得していることが多いところなのです。

仕事をしない周りを見て憧れを持っている人

今現在、それなりの役職についていて、たいして仕事をしていない周りや上司を見て、『楽だな~、ああいうポジションが良い』と普段から考え手いる人は、外資系企業には向いていませんから、そのまま日系企業にいるべきです。

外資系企業では、年齢が高かろうが低かろうが、同様に成果を求められますから、年齢が高くなったからと言って楽はできませんよ。ある意味フェアであるともいえます。

努力を認めてほしい人

成果をだせるかどうかにはある部分は運も関係するし、そんなことよりも努力したのか、成果よりもそのプロセスを評価してほしいという人は、日系企業で働くことをおすすめします。

努力したかどうかは関係ない、結果をだしたかどうかが一番という考えが外資系企業に多い傾向ですから、向いていないと言えるでしょう。

残業を普段からしている人

日本企業では、残業は仕事が終わらないためではなく、残業代を稼ぐためにやっているという人も少なくはないでしょう。

そのような人は外資系企業には向いていません。外資系企業では、残業をすればするほど評価が下げられる傾向があるためです。

また日系企業に働いている人は、残業が癖になっています。時間内に何とか終わらせようとしていない場合は外資系企業では違和感を感じるかもしれません。

あなた自身を客観的に見てみよう

ここでお伝えしていることは、外資系企業、日本企業のどちらが優れていてどちらがダメかということではありません。

あなたにとって、どちらが向いているか、向いていないかの問題です。

もしこれから転職活動することを考えているのであれば、まずは自分が外資系企業、日系企業のどちらに向いているのかをよく考えてみましょう。

特に、自分について考える際には客観的に考えるように気を付けてください。

例えば、綺麗なオフィスや高い給料で外資系企業に魅力を感じていると、つい外資系に向いているという考えのほうが勝ってしまい、本当の自分の性分と違ったことを考えてしまいがちです。

しかし本当の事実と違うことで判断しては、転職後、後悔することになってしまいますので、とにかく客観的に見るというのがとても大切になってきます。

転職エージェントに相談してみて、あなた自身の事を語り第三者の意見を聞くことも良いでしょう。

転職候補の会社についてはよく調べよう

今回紹介した内容については、日系企業とは違う、いわゆるイメージどおりの外資系企業の特徴を強くもつ会社に向いているか、向いていないかをお伝えしています。

前述のとおり、企業によって外資系企業であっても日系企業の風土に似た会社もありますので、候補の会社がどのような感じかは、転職前にしっかり調べるようにしてください。

わからなければ、転職エージェントを通して情報を集めるべきです。

外資系企業での働き方が自分に向くかと思って転職したのに、実は入社してみると以前の勤めていた日系企業とあまり変わらなかったなんてこともありうるケースですね。

外資系企業への転職は、転職エージェントをうまく利用して向くか向かいかも含めて事前調査を行うようにしましょう。

というのも、外資系企業の魅力的な求人は大体が非公開求人で、転職エージェントから紹介してもらって初めて応募できるという形が多いからです。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成サポート、模擬面接の実施といったものをしてくれます。

何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントを利用することにより、本来かかるはずの手間はかなり削減できますし、正しい本当の情報も入手できます。

外資系企業の転職エージェントでは、リクルートエージェント JACリクルートメントがおすすめです。

どちらも外資系企業の転職分野では大手であり、持っている求人数が抜群に多い為、紹介してもらうことができる求人も必然的に多くなります。

また大手としてこれまで多数の外資系企業への転職で実績を残してきたこともあるので的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

公式サイト ⇒ リクルートエージェント

公式サイト ⇒ JACリクルートメント

意気込みをもって外資系企業に挑戦してみてください。

シェアする

フォローする