外資系転職|あなたにもできる5つの失敗理由から学ぶ成功率アップ!

「外資系企業への転職」と言うと、あなはた何を思い浮かべますか?

  • 世界をまたに掛けたグローバルで成功したハイキャリア/ハイクラスの会社員
  • キレイなオフィスで最新のITシステムを利用したスマートな働き方
  • 有給休暇を存分に使い、長い~休暇もあるメリハリの効いた働き方
  • 仕事の成果や結果しだいでの、若いうちからの何千万円の高収入

日系会社での勤務を含め、今までに数社の外資系企業へ転職し働いたことのある私の経験から言うと、これらはすべて本当であるとも言えますが、そうでもないとも言いたいと思います。

外資系の会社に転職したいけど、やはり不安だなとか後悔したくないという方に、私の実体験を交え、”ありがちな” 外資系転職の5つの失敗とその理由、それをさける方法について
本音でご紹介していきます。

是非、あなたの『成功する転職のやり方』の参考にし転職成功率を高めてください。

5つの外資系転職失敗理由/その対応方法を見てみよう

まず、その5つについて私の経験からすると以下が失敗理由ではないかと考えています。

1. 転職前に仕事の内容の確認が不十分であった。

2. 転職先で指導したり、サポートしてくれる人がいなかった。

3. 転職を急いで決めてしまい、転職活動中に求人会社を美化しすぎた。

4. 転職後の条件面(給料など)を事前にきちんと確認しなかった。

5. 転職先の会社での人間関係が快適でなかった。

一つ一つ見ていきましょう

1 転職前に仕事の内容の確認が不十分であった。

転職先の会社で、実際にあなたがどのような仕事をするのかについてしっかり確認しないまま転職すると、思い描いていた仕事内容や期待と現実に大きな開きがあり、嫌になってしまうケースが多々あります。

転職先の会社で、実際にあなたが何をするのか(詳細な仕事内容)、どんな部署の誰の下で仕事をするのかといったことは、できるだけ具体的に確認しておくことが必須です。

転職を失敗する人は、会社のブランドイメージのみでその会社を評価したり、勝手にあなた自身がやりたい仕事が出来ると勘違いしたり思い込んだりする時が少なくないのです!

あなたが関わる仕事があなたのその勘違いでイメージ通りでない場合は、結局はその会社や部署、ひいては職場に対する不満につながっていくでしょう。

実は、求人会社も、空いたポジションに人を確保することの思いが強すぎて、応募者が何を求めているのかをきちんと確認しないまま”採用プロセス”を進めてしまう場合もあるのです。

「仕事の具体的な事は、入社後相談して決めましょう」というようなあいまいな形で転職すると失敗になる確率がとても大きいです。

結論として、会社のブランドイメージや報酬などばかりに目が行き、転職するととても後悔する結果となる可能性が高い。

2. 転職先でサポートしたり、指導してくれる人がいなかった。

想像つくと思うけど、転職後は最初は孤独だし、またまわりから注目されやすいのでなにかとストレスも感じやすいです。

そんななか、仕事のあれこれを相談できるような「頼れる人」がいない状況で働くのはなおストレスが貯まっていきます。

転職後にあなたをサポートし、また時には指導してくれるような人がいない場合、或いは居てもその人との相性が悪い場合は転職で失敗しやすいですし、そもそも職場が楽しくならないことは明白ですね。

外資系転職の場合、普通は、採用部署のマネージャーが採否の意思決定権を握り、その採用に対して責任を持つ事になる。あなたの採用を決めてくれる人は、転職会社において「頼れる人」のような存在になるケースが多い。

3. 転職を急いで決めてしまい、転職活動中に求人会社を
美化しすぎた。

あせってしまい、急いで決めた転職も失敗になるケースをよく見ます。

転職理由として、現在の職場の人間関係が原因の場合が多いですが、この場合、早く現職から離れたい思うあまり、求人会社を必要以上に美化する場合が多い。

短期間で転職を決めて、新たな職場で仕事をし始めてから、「こんなはずではなかった!!!」と思い、また転職活動を始めるなどという悪循環に陥る可能性もあります。

何事も急いで物事を決める傾向のある人は特に注意が必要です。

あなたはこの転職で何を求めているのかを充分に考え、転職先で自分がどんな仕事をどんな人のもとで、どんな仲間とするのかを具体的に考えてから転職を決めるべきです。

転職に求めるものは、人により違います。

「やりたい仕事」、「レベルアップな仕事」、「残業の少ない仕事」、「より多い年収」、「より良い職場環境」、「普段の生活とのバランス」、「長い休暇」など、人それぞれですが、あなたは何を達成しようと考え転職するのかをはっきりさせておくことがとても大切です。

4. 転職後の条件面(給料など)を事前にきちんと
確認しなかった。

特に「年収」に関する条件であることが多いですが、転職前にその条件をきちんと確認せず、入社後になり、「あれ、期待と違っている」と思うような場合があるようです!

当たり前のこととして、転職前に給料などの条件をきちんと確認していないのが悪いのですが、聞きにくいじゃないですか。ことお金に関しては!

しかしながら、転職失敗事例を見るとこの金銭面についての不満が多いので十分気をつけ対応策を売っておきたいところです。

同じ条件下で働くにしても、転職前から納得して働くのと、転職後にはじめてその実態を知るのとではとても気持ちの持ちようが違います。

「これは何となく違いのではないか」と思うこだわりは、結局、仕事のモチベーションにもつながり悪い影響として出てきます。

日本人としてはお金の事は話しにくくても、しっかり「事前に」確認することが重要だ。

ベースの給料やインセンティブ、ボーナスの水準と決定方法。有給休暇日数とその消化率、年金・退職金の社内規程、自社株での持株会の条件など確認すべきことは多いので、転職エージェントを通して詳細を確認していくのも良いでしょう。

どのような方法にせよ、内定承諾前にははっきり知っておくように努めたいですね。

5. 転職先の会社での人間関係が快適でなかった。

職場環境はとても大切です。ましてそれを理由に転職した場合はなおさらですね。

外資系だろうと、日系会社だろうと、人間関係が上手くいかず、悩み「失敗した!」と思う場合が多いのは今も昔も同じです。
面接時に、転職先の職場の上司や同僚についてできるだけ確認しておきたいところですが、面接での会話での印象と、実際に働いた仕事場では、なんか雰囲気が異なると感じることも少なくないので、こればかりは、「運」の要素が大きいのです。入ってみないと何事も分からないことが多いという事でしょう。
しかし、そればかりを考えてみても答えは出ないので、あなたが選ぶ会社の選択にベストを尽くしつつも、実際に新しい職場に入ってみるしかないかもしれません。
2番でお伝えした「頼れる人」と共感しあえる環境や良い関係を作ることが出来れば、新しい職場環境についても我慢することができるかもしれません。

「この人についていこう。一緒にビジネスの成長を実現しよう」と考えられる人と働くためのそういう人を見つけることにも注力し、事前に仕事の内容をしっかり確認してから決定することが、外資系転職での失敗を減らす大きなポイントになり得るかもしれない。

最後にまとめとして

世の中を渡っていくのは、不確実な事や予想できないことも多々あり本当に難しく思います。

外資系転職の場合、以下の5つの失敗事例や、その理由、対処方法を理解して着実に実行することにより失敗するリスクは大きく減らせると思う。


1. 転職前に仕事の内容の確認が不十分であった。

2. 転職先で指導したり、サポートしてくれる人がいなかった。

3. 転職を急いで決めてしまい、転職活動中に求人会社を美化しすぎた。

4. 転職後の条件面(給料など)を事前にきちんと確認しなかった。

5. 転職先の会社での人間関係が快適でなかった。

あなた自身でこの事を回避する努力をすることはもちろんのこと、あなたが行くであろう会社について詳しい転職エージェントの知見も共有してもらい、転職先の会社を決めることを実践してほしいと思います。

Check!

あなた自身だけで転職するには不安という方。
頼れる「転職エージェント」のおススメはこちらです!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする