転職エージェント 外資系、グルーバル企業の転職では利用価値あり!

こんにちは、現役外資系企業のサラリーマンのトムです。

ビジネスマン(ウーマン)の転職支援サービスを行っている転職エージェント(人材紹介会社)、全国に18,000社強もあるそうです(平成26年 厚生労働省発表)。こんなにあると知りませんでしたが、恐らく、それだけ転職エージェントを利用している人も多いからだと思います(或いは儲かるからか??)ほとんどの転職エージェントは、完全無料で利用できるはずです。クライアントである求人会社から報酬をもらうからです。

転職に使うチャネル(転職エージェント、転職サイト、直接応募など)は1つに縛る必要はありません。

自分で気になる企業をサーチしてもいいですし、知り合いに紹介をお願いする方法もあると思います。その1つとして転職エージェント(人材紹介会社)を積極的に活用する事は転職活動をスムーズに進める後押しとなるでしょう。

また、特に外資系企業や日系グルーバル企業(駐在など)の場合は、求人側の情報を正しく把握する事、すなわち情報がカギになるはずですから、特に転職が初めての人は転職エージェントを積極的に利用する価値があります。

(外資系、グローバル企業のハイクラスな転職はJACリクルートメント

転職エージェント経由は利用価値がある!

外資系中心に転職3回の私自身の経験から考える、転職エージェントを使うメリットで主な点は下記5つかと考えています。

① 求人企業が、転職エージェントにのみ候補者の募集を依頼している場合がある。

求人企業は、全ての募集(オープンポジション)を自社サイトの採用ページや転職サイトに掲載するわけではありません。競合他社や外部に知られずに採用活動を進める必要があるためです。例えば、新規戦略部署の求人や幹部クラスを採用する際には、その会社の戦略の部分が濃く絡みますので広く一般には告知しにくいですね。

また働いている社員への配慮(?)という観点からも、現在働いている社員の成績が悪く、人員を入れ替えたい時転職エージェントのみに依頼するというケースもあります。

グローバル企業の場合で、海外駐在員の募集も広く告知して進めることはないですね。

転職サイトを見て、自分に合致する募集案件が無い場合でも、転職エージェントが扱っているという事もよくありますので、転職エージェントの情報は大切と言えませんか。

② 転職エージェントは専門化している場合が多いので、求人企業の内部情報を持っている。

転職エージェントの担当者が、企業側の人事関連者と密な関係を長年築けている場合は、企業側との普段のコミュニケーションにより、会社組織、チーム構成、働いている人やその人間関係まで把握している場合があります。そのような背景を募集するあなたが転職エージェント経由で事前に知ることにより、転職活動の方向性を決められますし、転職に失敗するリスクを低める事が出来ます。

③ 給与の交渉をサポートしてくれる。

希望の額を伝えあなた自身が直に給与の交渉するのは、難しくないですか。お金の絡む件ですので、日本人の最も苦手な部分だと思います。まして、採用に直接影響するのではないかと考えてしまいますよね。

そんな時に転職エージェントは、企業側とあなたの間に立ち希望する給与の調整をしてくれます。年収アップの実現は、転職の大きな理由ですから転職エージェントにサポートいただきたい大きな分野だと思います。

④ 求人会社に適した面接対策をサポートしてくれる。

求人企業により、面接の方法などは違いが出てきます。外資系の場合は、同じ企業でもチームごとに面接で重視するポイントも質問も違ってくるのが普通です。

転職エージェントが求人企業と密に取引があり、以前にも人材紹介を行い転職実績がある場合も多いと思います。あなたが、面接に進む際に過去の例を用いて、あるいは事前に求人企業ヒヤリングすることにより、面接対策を立ててくれサポートしてくれるはずです。

どんな事でも基本的に相手の求める事、クセなどを知ることは大切な事ですから、転職エージェントを利用しない手はないと思います。

転職エージェントと話す際には、遠慮せず求人会社との間にどの程度の取引実績があるかを確認して下さいね。

⑤ 求人会社に直接聞きづらい事に確認してくれる(有給消化状況、残業時間など)。

転職理由は人それぞれですが、例えば労働条件はその中でも大きな部分ではないでしょうか。残業が多い、有休が取りにくい(取れない)企業にはできれば入りたくないのが、ほとんどの人の本音かと思います。

表面上の転職理由は、”より責任感のある仕事がしたい”、”キャリアのためのステップアップしたい”との内容でも、実際は、今の会社は労働条件が悪いから、もっとワークライフバランスが取れる会社で年収アップねらいつつ、働きたいという気持ちで転職活動を進めている人も多く存在します。

面接のときの逆質問で、本当は確認しても良いかと思いますが、採用されなかったらどうしようとか、やる気がないと思われないかと心配になりますよね。この様な実際の労働条件などあなたが聞きにくいことは転職エージェントを介して確認してもらいましょう。

事前に労働条件を知ることにより、転職後のミスマッチによるリスクも減ると思います。前職とあまり変わらない環境で働く事になったのでは時間を割いて転職した意味がありませんしね。

転職エージェントは利用価値ありのまとめ

外資系企業やグローバル企業を狙った転職活動を行う場合は、事前情報が命と言えると思います。

相手を知ることはとても大切な事です。求人会社は転職者に何を求めているのか、転職先はどんな環境なのかなどです。

転職エージェントを利用する価値は5つあると考えています。

① 求人企業が、転職エージェントにのみ候補者の募集を依頼している場合がある。
② 転職エージェントは専門化している場合が多いので、求人企業の内部情報を持っている。
③ 給与の交渉をサポートしてくれる。
④ 求人会社に適した面接対策をサポートしてくれる。
⑤ 求人会社に直接聞きづらい事に確認してくれる(有給消化状況、残業時間など)。

初めての転職や転職活動そのものが良くわからない人は、転職エージェントを使いスムーズに転職を進めるのが良いでしょう。完全無料でサポートを受けられます。

外資系やグルーバル企業への転職する際のおススメできる転職エージェントは以下の通りになります。まずは登録することから始めてみてください。

 

 登録数分、転職サービスはすべて完全無料 
1位 リクルートエージェント  業界NO1転職エージェント
2位 JACリクルートメント   ハイクラスの外資系、グローバルの転職    
3位 DODA            転職サポートが一番充実               

* 関連記事はこちらです。
グローバル企業や外資系企業転職で登録しておきたい転職エージェント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で