転職エージェトは必要性があるか考えた!内定獲得の成功の大切なステップ

【転職エージェント】

本当に転職検討時に必要性があるのかについて!

金融、IT、商社、物流、メーカー、ベンチャーなどの業界でコンサル、MR、エンジニア、営業として働いてみたいと思う時にあなたならどのように仕事を探していますか?

 今のキャリアは活かせるのか?
 地方や海外への転勤はあるのか?
 女性やミドル、シニアでも求人があるのか?
 未経験でも正社員として大丈夫?
 大手って募集かけてる?
 管理職でハイクラスなポジションはあるのか?
 年収はUPできる?
 残業はないよね?

などなどいざ転職を考えるとわからないことだらけではないでしょうか

そんな疑問に答えてくれるのが、リクルート、インテリジェンス、enなどの「転職エージェント」ですが、実際の所、どうなのか、必要性はあるのかと考えている人多いですよね

例えば、こんなことで不安に思ってないですか?

  • どこを選べば良いのか
  • 何をしてくれるのか
  • 本当に使うべきなのか
  • 登録するときの注意事項は何か
  • 無料でサービス受けられるのか
  • しつこく連絡してこないか

最初に結論を言いますと、

「転職エージェント」は、

転職に必要なとても面倒な手続きを
全て無料で代行・サポートしてくれるため、
転職をしたい人やこれから検討をし
まずは情報を集めたい人は、
絶対に使った方が良いと考えます。

必要性が高いと断言できます。

でも、選び方を間違えてしまうと、時間だけを無題に使うことになるので注意しましょう。

すべて読んでもらうと、

「転職エージェントとは何なのか」、
「どこを選ぶべきなのか」、
「どのように使えば良いのか」

といったことがわかり、最大限活用し、あなたの転職が成功となるでしょう!

日本で一番求人数が多いNo1転職エージェント
   リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントがしてくれること

転職エージェントとは、登録をすると【完全無料】で以下の事を丁寧にサポートしてくれます。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与などの条件交渉
  • 現職場の退職相談

転職活動で面倒なことは全てあなたの代わりにやってくれて、あなたは本番の面接以外で企業と直接やりとりすることは全くなくなり時間を有効的に使えます。

一方、もしあなたが個人で転職活動を進める場合は、上記をすべて自身自身で対応しなければならなくなるのです。

ですから、転職する場合はできる限り活用するのがベストであると言えます。

尚、転職エージェント会社は、あなたが移籍する企業から紹介料として、年収の約30%に当たるお金を受けとっているから無料で転職をサポートできると言う事になっています。

転職エージェント利用上のメリット・デメリット

転職エージェントは、前述のように無料で利用でき、転職必須の活動をサポートしてくれるとてもありがたい存在ですが、実はメリット・デメリットをしっかりと理解した上で使用しなければ逆効果で、転職を成功させるのはむしろ難しくなります。

転職エージェントのメリットとは?

  • 転職に欠かせないサポートをすべて無料で受けられる(しかも丁寧)。
  • あなたの今までのキャリアを客観的に見ることができる。
  • 他の人が知らない非公開求人を紹介または探してきてくれる。
  • 応募会社の内部事情を教えてくれる。
  • 面接の練習、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる。
  • 伝えにくい希望条件(年収など)の交渉もしてくれる。
  • 面接では伝えきれないあなたの魅力を、人事に直接アピールしてくれる。

転職エージェントは、応募会社の報酬で成りたっていますが、これだけのサービスを無料で受けられるのは、恐らく世の中の他のサービスでは見られません

転職エージェントのデメリットとは?

  • 営業トークにのせられて、時には誤った転職をしてしまう可能性がある。
  • あなた自身の転職市場価値が低い時は、サービス内容が低い場合もある。
  • 内定が決定すると、早めの入退社を促される場合がある。

 転職エージェントの質はピンキリで、悪徳なエージェントの場合、キャリアに合って
いなくても無理やり入社を促されることもありますので注意が必要です。

 また、小さなの転職エージェントのなかには、紹介できる求人が限られており、
ブラック企業などを紹介してくることもあるため、なるべく大手で信頼できる
転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職サイトとの違い

転職サイトと転職エージェントの違いをよくわかっていない人もいます。

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、「コンサルタントを通して転職活動をやるか、自分で転職活動のすべてを行うか」という点です。

転職エージェントであれば、面談をした上で、求人紹介、応募作業、面接日程調整、最終交渉などをすべてお任せできますが、転職サイトの場合は、サイト上にある求人情報を自分で調べて、あとの事は全て自分で行う必要があります。

これを考えると、転職サイトよりも転職エージェント経由の方が圧倒的に優れており、転職サイトはあくまで情報収集だけの利用でも良いのです。

違いを表としてまとめてみましたので参考にしてください。


転職サイトは前述の通り、転職エージェントの補完的位置づけで利用が良いですが、業界最大手の『リクナビネクスト(NEXT』さえ登録してしまえば、多くの求人を網羅していますので1社の登録で十分です。


リクナビネクスト(NEXT公式ページ

 リクナビNEXT

転職エージェントの選び方と注意すべきこと

転職エージェントは前述の通りとても利用価値のある存在ですが、小さなエージェントなどハズレも多いので、選択に失敗してしまうと時間が無駄になり、尚かつ、「受かるはずだった企業に落ちてしまう」などという悲惨な結果が待っている場合もあります。

 転職エージェントの種類は、以下の2つがあります。

業界を横断して大量の案件を持つ『総合転職エージェント』

(メリット)
業界を網羅する大量の求人を保有(最大10万以上)
”総合型”を活かした業界外のさまざまな提案

(デメリット)
業界特有の知見は時に弱い傾向がある。

業界や対象とする層を絞って専門的に案件を持つ
  『特化型転職エージェント』

(メリット)
業界出身がコンサルの場合が多く、業界に関する知識が豊富である。
業界に特化した未公開案件を保持している場合がある。
業界特有の対策をサポートしてくれる(例:英語での模擬面接、職務経歴書添削など)。

(デメリット)
中小である場合が多く、案件数は多くない。
手持ちの案件を進められてしまう場合がある。

あなたがどの業種、職種を目指すかにより、登録すべきエージェントは異なりますが、最近は「総合転職エージェント」が特化型の案件を保持していることも多いです(ようするに特化型の分野を強化している)。

また、エージェント会社のコンサルタントの質やあなたとの相性もあり、今のトレンドは複数のエージェント(3社程度)への登録が一般的です。

  • 選び方が良くわからない人は
    「総合転職エージェント」にまずは登録するのがベストでしょう。
  • 一般の職種を狙う人は、
    できれば、「総合転職エージェント」を複数(3社程度)登録してまずはスタートしましょう。 
  • 特化型の業界を狙う人は
    「総合転職エージェント」+「特化型転職エージェント」の2つ以上登録をするのがおススメです。

*特化型転職エージェントがカバーしている代表的な職種・業界

外資系企業
海外にある企業
IT・Web業界の企業
エグゼクティブを求めている企業
ミドルを応募している企業

総合・特化型それぞれの転職エージェントはどこを選べば良いのかを説明します。

「総合転職エージェント」の選び方

総合転職エージェントは、あなたの年収にあわせて選択しましょう

何百社社以上ある転職エージェントの中から評判がよく、サポートの質が高い3社を厳選し、年収ごとに分類しています。まずはこの中から選ぶと間違いないでしょう。

~500万 ~800万 ~1200万 1200万~  
リクルート
エージェント
 ○ 国内最大級。職務経歴書、面接対策などサポートも強く、どの層にもお勧め。
DODA  ○ × リクルートより多少少な目の案件数。ハイクラス案件には弱い。
JACリクルートメント  ×  ハイキャリア実績No.1。また外資系などの特化型にも強い。
マイナビエージェント ×  キャリア相談が丁寧で親身だと評判。特に初めての方や20代におススメ。

「特化型転職エージェント」の選び方

特化型転職エージェントは、あなたが転職したい業界、職種で選びましょう。

各項目に、特におすすめな1社を厳選してまとめました。

企業  厳選!転職エージェント  一言コメント
IT、WEB企業  WORKPORT  IT狙うならここは外せません
外資系企業 リクルートエージェント
JACリクルートメント
ランスタッド
外資系狙うなら、この3社は外せません。

海外にある企業  JACリクルートメント  欧州、アジアに拠点があり、情報を仕入れる価値あり
管理職/エグゼクティブを求めている企業 BIZREACH(ビズリーチ)キャリアカーバー * ビスリーチは一部有料
*キャリアカーバはリクルート社が展開するハイクラス向け「スカウト」サービス
ミドルを求めている企業  転機  社長の右腕、社内No2を募集中

忘れてはならないのは、転職エージェントからは無料サービスを受けられますが、これはかれらのビジネスであり、あなたは企業に紹介される「商品」であることです。

それを踏まえて、下記2点については注意してください。

 転職エージェントの話を全てはうのみにしない。

 2社以上の転職エージェントに相談し、客観的な判断をする。

お伝えした通り、転職エージェントはあなたという商品を企業に紹介、就職させて初めて利益を得ます。

転職エージェントの利益のためのあなたの生活を棒にふらないよう、「常に客観的な判断」ができるようしておきましょう。

「自称」特化型の中小エージェントに注意!!

転職エージェントは実は日本国内でかなりの数が、開業登録しております。最近では、サービスサポートの質の低い小さな転職エージェントも増加しているため、中小エージェントを利用する場合は特に注意が必要です。

基本的に有名な大手のエージェントがおススメです。

最大限活用するための8つのヒント

あなたの転職を成功に導くヒントを8つ紹介致します。

登録後は、最低でも2週間に1回くらいは連絡を入れて登録情報を更新しておく。

転職エージェントは、企業から仕事の依頼が来ると「商品」であるデータベースから条件を絞り応募者を探索するのですが、この時の検索キーが「更新日」なのです。

更新日が古いと、データベースの後ろの方になっており、エージェント側が見つけにくい状態にあり、仮に見つけてももうすでに転職を決めたと判断される可能性が高いです。そうなると、いずれ求人案件が届かなくなります。

例えば、「年齢35歳以下」、「転職回数2回以下」、「勤続年数10年以上」、「TOEIC700点以上」「営業職希望者」などと条件を絞り検索するのですが、スクリーンに現れるのは、更新日が新しい20人が表れまずはメールを送って反応をみるのです。
応募者がいなければ次の20人へ送信といったように探していきます。

更新日が古いと、あなたがいくら条件が良くても後回しになってしまう場合があるのが通常です。最近の傾向として「最終ログイン日」だけで見ている場合もあります。

とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と伝えておく

キャリアコンサルタントも月次単位で売上目標があります。

コンサルタントへ「転職時期」を伝える場合は、具体的に転職を考えているなら「良いところがあればすぐにでも」と必ず答えておきましょう。

そうすればあなたという商品はすぐに売上に繋がると考えられ、優先順位をあげて対応してくれます。

キャリアコンサルタントと相性が合わなければ担当者の変更を希望する

担当のコンサルタントも人間、相性がどうしてもあります。担当変更は実はさほど大した事ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があればすぐに変えてもらいましょう。

お願いする場合は、簡潔な文書でメールで十分でしょう。

(担当変更メール文面例)

いつも大変お世話になっております。

貴社に登録している○○と申します。

現在のご担当者の○○様には丁寧に対応頂いき感謝をしておりますが、なにかと転職活動が初めてで、他の方のご意見も是非お伺いたいと考えております。

現在希望しております○○業界(●●職種)に詳しいコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

どうぞよろしくお願いします。

担当変更がどうしてもしづらいケースは他社で転職活動を行いましょう(そのための複数登録でもあるのです)。

経歴やスキルに嘘をつかず正確に伝える

登録情報などは変更しない限りデータベースに情報が残ります。転職エージェント内での話題の一つとして、数年前の登録情報と今回の登録情報が違うと話題になることがあります。

このような場合は、嘘の情報を登録している人材として紹介する案件を見送るなどの限るなどの判断がなされることもあります。転職エージェント側も入社後に求人企業とのトラブルは避けたいと考えておりますから。

経歴やスキルは正確に伝え、嘘初鳴かいことが肝心です。

推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当のキャリアコンサルタントは企業に対して200字〜1000字で紹介する推薦文を書きます。

質の低い担当者の場合は経歴をそのままコピーするだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけ推薦文をチェックしておきましょう。

同じ案件に複数のエージェントから応募しない

数社の転職エージェントを使っている場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

たまに転職エージェントから「他の転職エージェントを利用していますか」と聞かれます。これは求人会社からそのような連絡があるためです。

企業側、エージェント側の両者に不信感を与えるだけです。場合によってはその企業に応募することはもちろん、その転職エージェントから案件を紹介してもらえなくなるかもしれません。

内定が出たら、他のエージェントに話を聞きに行ってみる

内定承諾の際には、その判断が正しいのかを確認するために、他の転職エージェントに対して正直に内定を持っていることを伝えた上で相談してみても良いでしょう。

迷いがある場合は、もっとあなたのキャリアにふさわしい案件を紹介され、余裕のある状態で冷静な判断ができます。

結果的に内定を辞退したとしても、もちろんペナルティーなどはありません。

転職エージェントとしてされると非常に残念なことにつながるのですが、ご自身のキャリアやあなた自身の今後の生活に関わる大事な事ですから(一生の問題)ですからどうどうと、かつあくまでも丁寧に対応しましょう。

丁寧に、ビジネスマナーを守って対応する

時々、横柄な態度を取る応募者もいますが、そういった方には普通優良案件は紹介してもらえないでしょう。

大手転職エージェントは、1人のコンサルタントに対して最右100人以上の応募者を一度に担当しますが、印象の良い方などに対して個人的な感情も出てきて力の入れ具合が変わります。

丁寧にそしてマナーを守って転職エージェントには対応しましょう。

転職エージェント利用の流れ

上記までで、あなたが使うべきエージェント、使う際のコツなどをお伝えしてきました。

ここでは、実際に転職エージェントに登録した場合のサービスの流れについて説明します。

特に準備は必要いらず気軽に対応すればOKですが、エージェントを初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何をしたら良いのか全体像をつかんでおきましょう。

ステップ  公式サイトに登録する

各転職エージェントの公式ページから登録を行います。

繰り返しになりますが、登録する際は、転職エージェントのサービスなのかどうかを確認するようにしてください。

不安な方は、転職エージェントサービスの各公式ページはそれぞれ下記の通りですので登録前にご参考ください。

ステップ 連絡がある

登録すると、転職エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

その時のために準備はする必要はありませんが、転職希望時期、希望する職種や業界、希望年収など基本的な最低限のヒアリングを受けます。

また、通常キャリアコンサルタントとの面談日程を決めてしまいます。

ステップ  キャリアカウンセリング

あなたがエージェントのオフィスに訪問することもあれば、エージェントが近くまで来てくれることもあります。

また、都合がつきにくい場合やあなたが地方在住の場合などは、電話の場合もあります。
初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなた自身のキャリアの棚卸
  • あなたのPRポイントの整理
  • あなたが本当に転職するべきかどうか
  • 転職する場合どのような企業に内定をもらえそうか
  • どのような形で職務経歴書を作成したら通過しやすくなるか
  • 転職についての詳細な希望条件の確認

キャリアのカウンセリングを通して、あなたの事について気づきもありますので、なるべく多くの転職エージェントと相談すれば、転職に対する考えがまとまっていき、あとあと後悔ない転職をすることができるでしょう。

ステップ  求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件〜50件ほど紹介してもらいます。

思ってもないような優良企業や大手企業もあれば、今まで知らなかった魅力的なベンチャーなどの企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない未公開で独占求人案件もありますので、複数社のエージェントから紹介を受けることがコツです。

ステップ 職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった求人企業に提出する書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談したり、何度も書き直しを行います。

応募企業に刺さる職務経歴書を転職エージェントと一緒に作成しましょう。

ステップ 応募する

選考書類が完成したら、転職エージェントがそれに推薦文を添えて企業に応募します。

推薦文では、自分ではなかなか伝えられないプロならでの表現によるあなたの魅力を、転職エージェントが企業に伝えてくれるはずです。

転職サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由時間的にも余裕が生まれ圧倒的に有利です。

ステップ 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

ステップ 企業との面接を行う

面接の日時調整はエージェント側が全て行ってくれます。

模擬面接などで対策してもらったことを活用して、ここはあなたのできる限りの力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、エージェントが求人企業の人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことを考えましょう。

ステップ 内定と退職の手続き

内定が出た後は、エージェントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、現職の退職手続きについてアドバイスを受けられ、会社にどのように報告するかなど大手エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、相談するのがよいでしょう。

まとめ

転職エージェントについて関連することは一通りお伝えしました。

利用しようかなと迷っているようなら、完全無料】なのでまずは登録して気軽にキャリア相談してみましょう。

それから、時々転職を考えている人から、転職エージェントに登録するば、「しつこく連絡が来るんじゃないか!!」と考えている人もいますが、そんなことはありません。キャリアコンサルタントも大勢の転職希望者を抱えています。あなたはその中の一人です。

また、実は今は転職考えていないけど、いざ転職をするぞと常に準備している外資系転職希望者も多いのです。その人はこまめに登録情報を更新して常に転職エージェント側が転職候補者の一人として認識できるように対応している人もいます。

また、自分の市場での価値はどれくらいあるのかをチェックし、転職市場の情報をウオッチする為だけに登録している方もいらっしゃいます。

もしあなたが登録を迷っている場合は、少なくも下記の3社は登録し、一番対応の良かった担当者を本格的に活用しましょう。

リクルートエージェント

JACリクルートメント

DODA

の3社は登録し、一番対応の良かった担当者を本格的に活用しましょう。

以上のコラムを参考にしていただき、是非納得のいく転職活動につなげてください。

あなたにとり最高の転職をできることを祈っております。

公式:転職エージェントのサイトのまとめ
*間違わないようにしっかり公式サイトに登録しましょう。

リクルートエージェント

JACリクルートメント

DODA

マイナビエージェント

WORKPORT

ランスタッド

BIZREACH(ビズリーチ)

キャリアカーバー

転機

シェアする

フォローする