社長の後継者募集|『転機』ならあなたも経営者になれるかも!

「中小企業社長 イラスト」の画像検索結果

最近は転職先が多様化していますよね!
社長の後継者募集のサイトもちらほらと出てきました。

大手企業に勤めるより、小さいけれど「社長になりたい人」も増えてきています。
40代、50代、60代の方は新たな転職先として特にチャンスかと思います。

今回は、社長の後継者として募集をかけている会社の実態とおすすめできる募集サイトについてお伝えします。

今すぐ!「転機」の公式サイトを確認する

ハイクラス転職サイト「転機」

社長を募集する背景とは?

「中小企業 後継者 イラスト」の画像検索結果

いろいろなパターンがあるのでしょうが、企業の中で社長を求める背景は、後継者不足というのが大きくあります。

70歳を過ぎても「まだまだ元気」とやる気みなぎるオーナー社長も多いもの事実ですが、けれども、どんなに元気で経営の才や人望がある人でも、いつかは社長業をリタイアするときがやってきますね。

子どもや親族などに後継者がいて、次の社長となるための経験を積み、修業をやっているイメージはわれわれにはありますが、実態は後継者がいる割合としては少数らしいです。

帝国データバンクによりますと、50代~80代の社長をやっている人の後継者はかなり不足気味というのが良くわかります。

国内の中小企業では、約3分の2で後継者が不在というデータもあるくらいです。

今後ますます、中小企業ではあるものの後継者の問題で悩む企業が増えてくることは間違えありません。

そこに転職者側のあなたにはチャンスがあると私は考えています。

転職活動をやられている方ならお判りでしょうが、40代~60代の人の一般の大手企業への転職はかなり難しいものがあります。

これは受けての企業側が扱いにくいミドル層を求めていないためでもあります。

今すぐ!「転機」の公式サイトを確認する

ハイクラス転職サイト「転機」

社長や幹部になりたい人の登録すべきサイト

「転機 エージェント」の画像検索結果

🙂 「転機」公式サイト ⇒ 社長の右腕に立候補「転機」

一般の企業への転職は難しいので、中小企業で「いっちょやってやるか」とやる気のある方におすすめしたい登録サイトがあります。

レイサスという会社が運営しているミドル層にターゲットを絞っている「転機」というサイトです。

🙂 「転機」公式サイト ⇒ 社長の右腕に立候補「転機」

コンセプトとしては、社長の右腕となり事業を創り上げると出ていますが、以下のように社長や幹部の案件をそれなりに持っています。

年収も800万円以上を多数取り揃えなかには2000万円クラスの案件もあります。

採用時の面談方法もユニークで、リクエストすれば経営者との直接面談も可能です。やはり中小企業の場合は、現社長や経営幹部と会わないのがもっとも問題となりますので、その分部ををあなたの目で確かめられるのはとても大切な事だと考えます。

「転機」でできる事

  • 経営者との直接面談が可能
  • 役員や専門職などハイクラス人材向けの求人情報に特化
  • 社長の右腕に立候補が可能
  • 要望にあわせた案件開拓をリクエスト出来る
  • ハイクラス人材のための転職情報サイト

「転機」は、国内最大級のスカウト事業と、上場企業から急成長中のベンチャー企業まで7,000社の顧客を持つレイスだからこそ可能な中高年向けの求人情報やサービスを提供しています。

🙂 「転機」公式サイト ⇒ 社長の右腕に立候補「転機」

もう一つ、おすすめできる40代、50代、60代への転職応援サイトですが、
「日本人材機構」です。

こちらは「転機」同じく社長や経営幹部の後継者を募集しているサイトではありますが、地方の企業に特化しています。「日本人材機構」は名前から推測できる通り政府が出資している転職エージェントで時限立法的に存在しています。

どういう事かと言いますと、地方創生を進める政府が地方の経営者の後継者不足に対応した機関であるという事です。

あなたがもし、地方で第二の人生を歩んでみたいと考えているのならとても良い転職サイトであると考えます。

尚、登録はもちろんすべての転職支援サービスは無料です。一度検討する価値ありです。

お伝えしているように、時限立法的な機関ですのでタイミングは逃さないようにしてくださいね。

▼日本人材機構の公式サイト▼

まとめ

中小企業というと、経営に苦しんでいるというイメージをお持ちの人も一定の割合でおられるかと思います。しかし、なかには安定した経営を維持している企業も多数存在します。

確かに、社長業や経営幹部には苦労が多いかと思いますが、やる気のある方にはぴったりの選択だと思います。

私の経験からも、40代、50代、60代の人は一般の求人サイトからの転職はかなり難しいものがあります。

それであるなら、社長の後継者として募集しているサイトから、全く新たな道をあなた自身で切りひらいてみませんか。

迷っているならまずエージェントにお話を聞いてみてあなたに合いそうかどうかを確かめましょう。

すべて無料ですので。

今すぐ!「転機」の公式サイトを確認する

ハイクラス転職サイト「転機」

▼日本人材機構の公式サイト▼

シェアする

フォローする