中国系企業で働く社員はハッピーか?「社員座談会」記事からの転職の良し悪し!

中国系企業で働く社員はハッピーか?「社員座談会」記事からの転職の良し悪し!

市場動向も見ても、経済力や国力がここ数年の間に増してきている「中国」は大きくなってきています。 業界別に見みても、IT・通信・インターネット業界、金融・銀行業界、機械・電機業界が特に 存在感が出てきました。外資系企業=中国系企業への転職という選択が出てきました! でも、「中国系外資系企業の日本法人」で働くのはどんなものかと考えている人も多いはず。 見かけは日本人と似ていますが、果たして仕事の上ではどうなのか迷っている人も多いはず。

外資への転職成功!「転職エージェント経由」か「直接応募する」どっちが良い?

外資への転職成功!「転職エージェント経由」か「直接応募する」どっちが良い?

外資系企業などの特化型の転職にカテゴリーされる外資系企業への転職の場合、ほとんどの方が「転職エージェント」、もしくは「転職サイト」で自分で直接応募になると思います。 実はその違いを理解していない人も多いのかな~とも思っています。 私の場合も、最初の転職するまでは同じかなと思っていました。むしろ、「転職エージェント経由」は敷居が高いかなと思っていました。 違いをよく考えて効率的に転職活動すべきかと思いましたのでここではその違いについて触れておきたいと思います。

転職後の使用期間中に「不採用」とならないようにやるべきこととは!

転職後の使用期間中に「不採用」とならないようにやるべきこととは!

縁があって、無事めでたく外資系に転職成功 でもその後待っているのが「使用期間」というあいまいな雇用形態があります。これってなんだ~と思いますよね。 外資系企業の場合は、特にこの期間が大切であり「まさかの不採用」とならないように注意しなければならないことがあるのです。

転職を成功させるために今から準備する事とは?

転職を成功させるために今から準備する事とは?

今すぐではないけれど、いずれ転職を成功させたい、良い所があれば移りたいと考えている人はかなり多いというデータがあるそうです。 でも、よくあるパターンとしてずっと転職を考えていたが、仕事が忙しくて動き出せず準備もできず、そのうち会社がおかしくなってしまったり、体調を壊して取り合えずやめてしまって人も多いのです。