リクルートエージェント 外資系・グロ―バル企業へ転職では一番だ!

私の考える一番(NO1)の外資系、グローバル企業向けの転職エージェントをご紹介します。
それはリクルートエージェントです。

まず、考えて頂きたいのですが、グローバル企業や外資系転職の際には、他の転職活動よりも情報力やサポート力が重要になってくると思いませんか?

何故なら、通常の日系企業への転職と外資系企業やグロ―バル企業と大きく違う部分が出てくるからです。

  • 外資系やグローバ求人は通常の求人数よりは少ない
  • 英語でのレジュメ作成が必要
  • 通常の日系企業と採用パターンの違い
  • 外国人との面談がある
  • 外資系企業では将来にわたるキャリアプラン作りが不可欠
  • 海外赴任や海外の現地採用の場合はその準備や現地での仕事の進め方がキモ

リクルートエージェント

こういう情報はあなた自身で集めるより、転職エージェントのプロにまとめて教えて頂いたりするのが、早くて、効率的で、しかも正確です。転職時のさまざまな不安な事や、将来のあなたのキャリアなどは、プロの転職アドバイザーに相談するのが一番です。

リクルートエージェントは、転職業界No.1と 言われ、どの転職エージェントより転職実績が多く、公開、非公開の求人が一番多く、専門のコンサルタントがフルサポートサポートしてくれます。もちろん最初から最後まで全て無料のサービスです。

リクルートエージェントの海外専任アドバイザー(コンサルタント)は、リクルートエージェントの中でも、英語対応が可能で優秀な社員がグローバル担当として対応しています。海外系の業界に精通していることはもちろんですが、変化の早い特殊業界だけに、情報収集を欠かさず行い、他社よりも深い知識を持ち合わせております。

やはり、日々多くの求人会社や転職希望者とコミュニケーションしたりて、経験を積んでいかないと、的確なアドバイスができないのは当たり前ですね。これは他のエージェントのどこよりも転職実績があり、求人会社や転職者と向き合ってきたからだと私は考えます。

特に、外資系企業やグローバル関連の転職に関しては、企業側や転職者の両者から、細かなヒアリング力が必要になり、それを対応するエージェント会社の対応力によって転職者に対して充分不意可決な情報とサポート力を提供できるかはリクルートエージェントの底力だと思います。

Check! 登録はこちらです(登録1分)
リクルートエージェント公式サイト

こんな人はすぐに登録すべき

あなたがここに当てはまるのであればすぐに登録しても良いと思います(すべて無料です)。

  • 日系企業から外資系企業に初めて転職される方
    (これは初めてなら絶対です)
  • 紹介してくれる求人が多い中から選ぶ方が向いている人
    (他のエージェントと紹介される求人数を比較すると、ビックリするほど数と質に違いがありました。)
  • ハイキャリア・エグゼクティブ・マネージャークラスの方
    (正直この項目が当てはまる人はJACの方が良いかもです)
  • 外資系企業の非公開求人を探している方
  • 日系大手のグローバル関連求人や現地採用枠にも興味がある方
    (香港・シンガポール・中国・ベトナム・インドネシアなど、アジアに47拠点を構えているため、日系大手の海外進出や現地採用枠もたくさん持っています)

サポートも充実しています。職務経歴書の書き方はもちろん、英語を勉強してきた事をどうアピールするのかって事と、その企業が求めるチャレンジ精紳をこれまでの私の経験でどう説明するかなども、一緒に考えてくれました。

リクルートエージェントで気を付けるべき事

業界No1と言う事もあり、たくさんのクライアント(転職者)を抱えているので、たまにサービスが手薄になる事もあります。でもこれも人それぞれだと思うのです。緩やかなペースが好きな転職者もいますし、がっつり短期間が良いと言う人もいますね。

もう一つは、内定後のクロージングに関してです。怒涛の勢いで押してくることをたまに見位にします。考えてみたらリクルートエージェントの社員も会社員です。コンサルタントや営業としての成績もあるのでしょう。たまたま、あなたの内定獲得時期が月末だとクロージングの勢いが凄いと感じるかもしれません。でも、転職はあなた自身の一生の事。あなたのペースで最終決定していきましょう。

最後に

リクルートエージェントは、私は転職初心はMUSTで登録すべきだと考えます。登録するだけで、間違いなく外資系転職においては絶対に役に立つ情報が得られるかと思います。転職を考える前の段階でも、登録をしておき、定期的に情報収集をする流れを取る外資系やグロ―バル企業の転職を渡り歩いている人もいます。

ここだけの話し、転職市場において外資系転職の転職希望者を転職させることは高利益が見込めます。だから、あなたがその市場希望者の場合は必ず優遇されます。情報だけ吸い取るような対応をしても絶対に嫌な顔せずに、継続的に対応してくれるはずです。

リクルートエージェントを市況環境の情報収集元として、転職時期を探りながら働き、うまく活用している外資系企業で働く人を何人も見ていますので、是非そういった上手な活用方法をしてください。

Check! 登録はこちらです(登録1分)
リクルートエージェント公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で