転職で年収相場を知りながら、大きくアップする方法は?

せっかく、人生の多くの時間を使い働くわけですから、できるだけ多く年収を確保したいと思うはずです。もっと給料を貰いたい!年収アップしたい!誰しも思う事ですね。

しかし残念ながら、日本の会社のほとんどでは、いくら成果をあげてもそこまで急激に昇給することはないですね!

唯一年収アップを期待できる昇格も毎年一回の査定次第だし、課長に嫌われたら終わりだし、ともかく時間が掛かってしまったりします。もしかしたら、例え昇給できても、たいして給料が増えないことも今となっては当たり前のように数多く見られます。

だからこそ、年収アップには転職するしかないという場合が多いです。実際、転職理由のNo1の理由が年収アップと挙げられています。

あなたにあった転職先を真剣に探してくれます。無料で登録してみましょう!↓
リクルートエージェント

従業員の場合、年収アップはあまり期待できない。

会社の中を階層分けすると、

  • 「資本家=多くの場合は株主かオーナー」
  • 「経営者=役員」
  • 「従業員=あなた」

の3つがあります。

従業員を雇って会社を運営するのが経営者、その経営者を高い年収で雇って会社全体から挙がる大きなリターンを得ているのが株主かオーナーという構造ですね。年収500万円のあなたを年収2000~5000万円の社長/役員が雇い、その社長/役員を年収5億円の資本家が雇うなどとも言われていますね。

このような構造の中であなたが従業員であった場合、年収を大きくアップさせるのは並大抵な事ではありませんよ。今の世の中、課長、部長になるのも大変ですが、たとえなったとしてもそんなに年収は期待できないですね。

しかし、社員から役員への道が開けている人はそのまましがみつき、何とか今の会社で年収アップを狙っていった方が良いと思います。

長~い道のりですが、年収は4桁万円に行くと思います。でも、役員になれるのは数パーセントです。

役員になれないア女あなたに残された唯一の年収アップの道は転職しかないと私は思います。

転職での年収アップの相場はいくらか?

転職サイトのDODAに年収アップ相場のデータが出ていましたのでご紹介します。

これによりますと、平均で13%くらいでしょうか?若い人は多めの麺集アップを期待できて、40歳以上の人は平均より少し下回りますね。

でも、年収の平均アップ額のグラフを良く見てみると、25〜29歳全体での平均アップ額が50万円くらいであるのに対して、30歳以上の転職者は60万円以上です。アップする人の多さや、平均金額アップ率に目を向ければ20代後半が一番良いのですが、実際にアップした際の金額の幅(額)は、30代以降のほうが上昇する傾向にあります。あなたがもし30代であればチャンスと言えると思います。

もっと年収アップしたい人どうするの?

13%も年収が跳ね上がりアップするのは、もちろん魅力的ではあるのですが、できればもっとお金が欲しいと考える人もいますね。

DODAのデータによりますと転職で年収アップした人の平均のアップ額を見ると、50~60万円(20代から30代)ですが、中には200万円、300万円、400万円アップしたという人も実は結構いるのです。そういう人は大抵の場合、外資系に転職をしている人です。

外資系の場合は、雇用維持が日系と比べて厳しいと言われていますが(実はそんなこともないというのが私の感想ですが)、転職時に年収アップを実現して、その後着実に実績を上げ、信頼を獲得して、年収を社内で大きく上げていく人も多いです。

また、将来のキャリアプランを事前に考えて、何度か転職を繰り返し、そのたびに年収が上がっていく人もいますよ。

ですから、外資系企業に勤めることは、年収アップを狙うには一番早い方法だと私は考えています。

あなたがもし若い20代で、今後ある程度の年収を確保したいのなら外資系企業を積極的に狙って行くのもある意味楽しい人生だと思います。でも英語は早めに普段から勉強してください。英語出来なくても実は転職できちゃうのですが、弱みはないことに越したことはありませんからね。

 無料の体験レッスンからできる、人気の英会話レッスンです。おススメです!
60か国の講師陣とマンツーマン!

年収アップのまとめ

「もう少し年収を上げたい!」そんなことを考えて、色々模索している人は多いはずです。自分の事だけでなく、家族の将来を考えるとどうしても実現したいですよね。

でも同じ会社にいただけでは、簡単には年収アップできません。誰もが感じている事です。

転職は、日本ではまだまだなじみの薄いことかもしれませんが、今後同じ会社にずっといること自体もだんだんなくなってくると思います。だったら、思い切って転職の道を選び年収アップを考えても良いと思います。

その中でも外資系企業はちょっと違うレベルまであなたの年収を持ちあがてくれます。3年後、5年後、10年後に自分がどのようにスキルアップして転職を考えていくかによりどんどん年収が上向いてくる人も世の中にはいるのです。

あなたもその中の一人になりませんか?

有名な転職エージェントです。外資系にも強いです。無料登録をしてキャリアを相談してみましょう。しつこく、℡は来ないですよ↓
リクルートエージェント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で