外資系へのマネージャー 転職 | 事前に知るべき注意点とはこれだ!!

「外資系 マネージャー」の画像検索結果

外資系企業にマネージャーとして転職したらどういう感じになるのか?
仕事はしっかりとできるのかと心配されている方もおられますね。

日本で一般的に、“マネージャー”といえば「部下を管理する人」ととらえられる方が大半ででしょう。また、外資系企業のマネージャーと言えば、管理の幅が広がるのではとお考えになる方が多いでしょう。

確かに一般的な「マネージャー」としての仕事範囲と定義としては間違ってはいませんよ。

しかし、外資系企業ではどうでしょうか。外資系の日本法人では「部下を管理するだけ」のマネージャーは必要としていないケースが多いのがほとんどかと思います。

この記事では外資系企業が求めるマネージャーの役割についてお伝えします。マネージャーとして転職する場合の参考にしてください。

🙂 外資系でマネージャーの転職するなら、「ビズリーチ」がおすすめ!!

 会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』
*レジュメはまずは基本的な事だけで登録してもOKです。

外資系企業の転職でマネージャーに求められるもの!

「外資系 マネージャー」の画像検索結果

では、外資系企業は「マネージャー」に何を求めているのでしょうか。見ていきましょう。

外資系企業の日本法人の多くは、大手の日系企業のように数千名でビジネスを展開している会社は少なく、数10名から100名ほど、多くても数100名という規模でビジネスを回しているケースがほとんどです。そのため、必然的に業務やプロジェクトに関わる部下やメンバーの人数は限られています。

🙂 外資系でマネージャーの転職するなら、「ビズリーチ」がおすすめ!!

 会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』
*レジュメはまずは基本的な事だけで登録してもOKです。

部下やメンバーに任せっきりにするのではなく、人・物・金・情報といったリソース管理はもちろん、マネージャー自らがハンズオンで業務を行い、業務・プロジェクト推進をしていくことが求められます。つまりプレイングマネージャータイプを求めているという事ですね。

もう一つ大きな役割として、例えば、商談獲得、プロジェクト進行、なんらかの目標必達についても会社との間でコミットメントしなければなりませんが、そのためにマネージャー自らがリーダとしてチームを引っ張ることが求められ、同時にメンバーのモチベーションを上げて行く事が非常に大きな必要条件であると言えます。

日系企業に比べ外資系企業のほうが、「目標達成したかどうか」をより厳しくみられる傾向があるのはご存知かと思います。

それゆえに、マネージャーに対する責任は必然的に重くなります。一方で、重い責任と同時に与えられる裁量権も比較的大きく、リーダーシップを発揮できる方にはやりがいと仕事のしやすさが実感できるポジションではないでしょうか。

もうひとつ、もちろん年収も役職と目標達成に応じてあがりあがりますよ。

外資系企業、日系企業に関係なく企業が求めるマネージャーに対する人材像は基本的に同じかと思います。でも、外資系企業の日本法人の置かれている環境などから、求められる資質、責任のレベルは高くなっていると言えるでしょう。

マネージャーとしてキャリアアップをしたいが「部下を管理するだけ」ではなく、プレイングマネージャーとして自ら業務・プロジェクトを推進していきたい、スキルアップをしていきたいという、志向のある方には外資系企業で活躍できる場が多くあります。またこういう立場が好きな方にはとてもやりがいを感じるポジションであることは間違いないです。

あなたがもし上記のようなタイプであれば、迷うことなく外資系のマネージャーへの転職に是非ともチャレンジしてみてください!

🙂 外資系でマネージャーの転職するなら、「ビズリーチ」がおすすめ!!

 会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』
*レジュメはまずは基本的な事だけで登録してもOKです。

ビスリーチに関してはこちらの記事も参考にしてください。

ビズリーチ プレミアム|スカウト数を増やし転職を成功に導こう!!

シェアする

フォローする