外資系企業への転職!その前に知っておきたい2つの大きな注意点とは。

日本企業での仕事内容や人間関係に嫌気を感じ飛び出してみたい、外資系へ新天地を求めたいと希望する人は年々増えていますね。

最近、日本でも『働き方改革』と政府も言い出しており、仕事や会社に対する考え方は昔とずいぶん違い多様化していますので当然と言えば当然です。

でもですよ、いざとなれば本当に転職となれば、「俺は」「私は」果たして外資系企業で大丈夫なのかと最終的に悩んだりしませんか?

そりゃそうです。一生の問題になるかもしれないからですよね

そこで今回は外資系企業で働いてみようと考えるあなたに、転職する前に知っておかなけれなならない2つの大きな注意点についてお伝えしていきたいと思います。

実は細かく言えば、もっともっと注意点というか確認事項はあるのでしょうが、「ここだけは押さえたい」という部分に絞りお伝えします。

大きく失敗しないためにもしっかりと読んで理解して頂ければと思います。

外資系転職の2つの注意点とはこれだ!

大きく考えると外資系転職前に知っておくべきことは、『うまく仕事できるかな~』というと、『お金を含めた労働条件はどうなんだろうか』という事に集約されるのかなと思います。

一つづつ見ていきましょう

 外資系の仕事のスタイル(=うまく仕事できるか)

外資系って日本の違い、海外の文化というか仕事スタイルが持ち込まれていますので(外資系企業によりその内容は大きく違いますが、、、)、日本の仕事のスタイルでは通じない部分もあります。

その外資系特有の仕事に対するスタイルを見ていきましょう。

 外資系企業は「個人」を重んじる傾向がある(日系企業は「組織」)
外資系企業は、社員一人ひとりの役割がはっきりしており、個人がどこまで仕事を行う事ができるかが線引きがされています。ですから、自らの仕事を推進するための責任を持っています。一方、日本企業は組織でという傾向が強いですね。また、昇格なども年齢関係なしで実力があれば若くして役員なども十分に可能ですが、ただし雇用リスクは日本企業よりは高いので要注意です(最近の日本企業も安定しているとは言えませんが、)

 メリハリをつけて働く傾向がある。
外資系企業では忙しいしくて残業が多いのではと不安に思う人もいますが、一般的には仕事と休むの線引きがはっきりしています。ようするにメリハリがあるという事です。残業はあまりしない傾向にあると言えます。

 有給休暇をしっかり取る傾向にある。
日本企業では、『働き方改革』が広まってきているのにまだ何となく取りにくい雰囲気がありますね。しかし、外資系企業は有給休暇はしっかり消化します。権利として存在しており、社員はしっかり使う人がほとんどです。夏休みや自分の仕事が落ち着いたタイミングで2週間程度の長期の休みを取るなど、リフレッシュしてから仕事に戻ってきます。

 コミュニケーションを重視する傾向にある。
英語という意味ではありません。日本市場をターゲットにしていますので全く必要ないケースも。職種やポジションによっては英語力も求められますが。日本企業と違い、あうんの呼吸的なものはないですから、しっかりとコミュニケーションを取れる人を好む傾向にあります。「わかるでしょ」という発想ではなく、しっかりと言葉に出すか、メールであなたの考えや意思などを伝えていきましょう。

かなり高いポジションを狙う人は、当然英語などで関連者や上司とのコミュニケーションは密に出来なければなりません。いくらスキルがあろうと知識があろうと、言葉が出来ないと上にはいけませんよ。

 外資系の労働条件

次にお金を絡めた労働条件を見ていきましょう。これは会社員なら一番の関心事かと思います。

 給料が外資系では高い傾向あり(でもよく中身をよく確かめる必要あり)。

外資系の給料は日本企業のそれと比べて高い傾向にあります。管理職レベルであると平気で1000万円超えの案件がありますね。なかにはもっと高いものも。すごく魅力的です。素直に喜んで良いのではと思います。年収全体を表しているのでボーナスがなかったりする場合もあります。

また、営業などの場合、販売成績や成約件数に応じて払われるインセンティブや報奨金が既に乗っているケースもありますので、転職前によく確認しなくてはなりません。

 福利厚生、各種保険などが給料と一緒になっているケースがある。

これは一概にも言えません。外資系企業にもよりますし、日本法人が設立されている場合はほとんど日本企業の変わらないケースもあります。しかし、なかには福利厚生、住宅手当、交通費、厚生年金、退職金などが年収として支払われている(含まれている)という場合もありますので転職前には良く確認しておくことをおススメします。

外資系企業でも日本法人の登記がなされている会社であれば、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入しているはずで、社会保険も適応されますが、外国登記の企業に雇用される場合は、日本の法律は適応されませんので注意が必要です。

当然、健康保険も適応されませんので、医療機関に行けば自己負担となりますので、万が一のために個人で保険に加入する事となりますので個人で費用が発生します。

また、一つ大きな項目として退職金について触れておきたいと思います。日本企業のように退職金制度を持っている外資系もありますが、もともと終身雇用や年功序列という考えがなく、退職金制度が無い企業があります。

繰り返しになりますが、すべての外資系企業がこのような制度は一律ではないので転職前の確認が大切という事になります。忘れずにチェックしておきましょう。

まとめ

外資系企業は、日系企業と違う注意点がありその事を転職前に知っておくとその後の仕事での成功率がグンとあがります。

大きな注意点として以下の2つが挙げられます。

① 外資系の仕事のスタイル

② 外資系の労働条件

どちらも転職を考える際の最重要項目です。あなたがこの2つの注意点を理解して、うまく対応できるのであれば外資系企業ほど仕事をする上で良い会社はないのではないかと私は考えています。

日本の古い体質の会社から抜け出し、新たなチャレンジを求めるなら外資系企業への転職を積極的い考えても良いでしょう。

本物の外資系を目指すあなたの転職エージェント(無料サービス)↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

フォローする