外資系の会社での転職|英語力はどの程度必要なのか考えた!

こんにちは、トムです。

外資系の会社へ転職を考えている人は、外資系企業に転職するためにはどのくらいの英語力が必要なのかな~と、とても気になっている方は多いのではないでしょうか?

あなたのイメージとして外資系企業に転職すると、当たり前のように日常会話だけではなく、ビジネス会話程度の英語力は求められるとお考えかと思います。またそのために、「TOEICなどを良い点数取って準備しなきゃ」と考えておられるかもしれませんね。

ここでは、外資系企業における英語力の必要性について僕の経験をもとにお伝えしていきますね!

外資系の会社ではそんなに英語が要らない!

えっと、思われるかもしれませんね。でも、考えて頂きたいのです。外資系の日本法人は何のために日本で経営されているのでしょうか!どうでしょう。大半の外資系企業のお客様(ターゲット)は日本人です。日本で儲けるために存在するわけです。

ですから、例えば営業の方は英語力なんて関係ないでしょう。だって営業対象が日本法人や日本人ですから。またその営業を支える業務系の仕事のサポート対象も日本人です。大手の外資系になると工場を持っている会社もありますね。工場で働くのに英語は必要でしょうか?ラインで何かを組み立てるのに英語なんて関係ないですね。またそれらを束ねるマネージャーもしかりです。次に経理、人事、総務などバックオフィス系の社員などは英語が必要でしょうか?

彼らが仕事をする上でサポートをする対象者は誰でしょうか?ほとんどが日本人ではないでしょうか?この様に仕事をするうえでの対象者は誰なのかを考えると、わかりやすいと思います。外資系の会社の入る前に必死で英語を勉強したのにあまり使わなかったというい人は結構いますよ。

では、英語は全然必要ではないの?

全然というわけではなく、僕が考えるに以下のような人は英語が必要になってくると思います。

1. 仕事上、本国と頻繁に連絡を取る必要がある人
例えば、本国で開発された商品やサービスを日本展開する必要がある人。いわゆる、立ち上げ常務を担う人。あなたの勤める国の人からの説明を受けるわけですから、英語を理解しないと仕事自体が成り立ちませんね。
アフターサービスを担当する人の中にも英語力が必要な方もいますね。日本で解決できない場合は、本国の専門の人に相談する場面もあるはずです。あとは、業績結果を報告する人なども本国とよくやり取りしていましたね。

2. 直属の上司が本国の人で、その人と頻繁にコミュニケーションを取る必要があるマネージャー以上のポジションの人
ほとんどの人の上司は日本人かと思います。でも中には会社の中で重要ポストに就く人もいますね。そのような人は日本にいる、いないに関わらず上司とのコミュニケーションが必要になってきます。あなた自身がそのような
ポジションについた場合は、英語力は当たり前のように必要になってきます。海外から来られた秘書の方なども英語が必要です。

Check!
あなたのスマホ、PCが、あなただけの英会話スクールに!
スタディサプリ ENGLISH

あなたのポジションや職種によって英語力の必要性は変わる!

このように外資系だからと言って英語が全く必要ない人と必要になってくる人に分かれるのだと思いますが、圧倒的に必要でない人の方が多いと今までの経験から思います。ですからあなたがどのポジションを狙うのか、どんな仕事を希望するのかをまず考え、その結果によって英語力を磨くかどうかを判断するのが最も効率的かと思います。日本の会社と外資系を経験した僕から見てみると、もしかしたら日本の海外部門の人の方が英語を使う場面が多かったな~なんて感じることがあるくらいですから(笑い!)。

でも、だからといって、英語力アップしなくて良いというわけではないですよ。英語ができたことが良いことは確かなので。

まとめ

外資系だからと言って、自分のポジション、仕事内容を考えずに取り合えず英語を勉強するのは非効率だと思います。もちろん、英語ができることにこしたことはないですが、全然使わない仕事や部署も多くありますし、そのような仕事を希望する人は英語力向上は、一旦忘れても良いですね。日本で商売をしている外資系はそのような傾向があるのだと思います。参考になればと思います。

Check!
あなたのスマホ、PCが、あなただけの英会話スクールに!
スタディサプリ ENGLISH

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で