「 転職初心者へ 」一覧

20代、30代で転職回数が多い人が内定を勝ち取ることできる?

20代、30代で転職回数が多い人が内定を勝ち取ることできる?

一般的な話になりますが、転職回数が多いことは転職に不利です。でも、転職を繰り返している人は、本当に転職を成功させ、内定を勝ち取ることは本当にできないのでしょうか? 企業の採用担当者の生の声と転職エージェントなどのアドバイスを踏まえ、「職務経歴書」と「面接の対策」をしっかりと行えば、たとえ転職回数が多くても転職を成功させる道があります。 しっかりとした転職活動を行い乗り切りましょう!

転職を成功させるために今から準備する事とは?

転職を成功させるために今から準備する事とは?

今すぐではないけれど、いずれ転職を成功させたい、良い所があれば移りたいと考えている人はかなり多いというデータがあるそうです。 でも、よくあるパターンとしてずっと転職を考えていたが、仕事が忙しくて動き出せず準備もできず、そのうち会社がおかしくなってしまったり、体調を壊して取り合えずやめてしまって人も多いのです。

中国で仕事したい人|転職事情を把握しよう!

中国で仕事したい人|転職事情を把握しよう!

中国と日本の政府間の関係はあまり良いとは言えないけど、民間人同士は中国人の日本への旅行でも見られるようにますます深まっていっている感じがします。また、拡大する中国にビジネスを求めて多くの日系企業もあらゆる分野に進出していますので必然的に関係は深まるばかりです。 今回は、中国で仕事をしたい人に向けに転職事情について書いてみたいと思います。

転職で未経験の職種で採用されるの?

転職で未経験の職種で採用されるの?

あなたは経験のある職種の応募を考えていますか? それとも未経験の職種を希望していますか? 実は転職される人の中には、未経験の職種で働いてみたいと思っていながら、 「未経験職だから難しいかなぁ」と応募を諦めてしまう人が多いそうです。 今回は未経験の職種でもちゃんと採用される可能性があるのかについてお伝えしていきたいと思います。

リクナビネクスト 応募したのに返信が来ない場合の対処方法!

リクナビネクスト 応募したのに返信が来ない場合の対処方法!

リクナビネクストなどの転職サイトから「よ~し、応募するぞ」と意気込んで応募し、レジュメなどを提出したのに何の連絡もない場合ありますよね! 私的には、連絡をちゃんとしないのは企業として「応募者に対して大変失礼だな」いつも感じています。応募する側は真剣に対応しているので企業側もこれに応える義務があります!でも現実には残念ながら連絡が来ない時や遅れる場合があります。

ベンチャー企業への転職はリスクがあるか!

ベンチャー企業への転職はリスクがあるか!

Google、アマゾン、Facebook、airbnbなど創設期はどの会社もベンチャー企業でしたね! 日本にだってありますよ、そんなベンチャー企業が。ユニクロ、メルカリなどです。 もしそんなベンチャー企業に設立時からのメンバーであったなら。。。。大きなお金が収入として入っていただろうし、ポジションはかなり上の方で裁量は大きく仕事は楽しいに違いない。誰しもそんなことを考えるますよね! 今の時代は技術革新のスピードが昔と違い格段に速いペースで進んでいます。これからまずます、第二、第三のGoogleが出てくると考えられます。

リクナビネクスト|あなたはかた~い職業に向いていないかもしれませんよ!

リクナビネクスト|あなたはかた~い職業に向いていないかもしれませんよ!

あなたはもしかしたらかた~い職業に向いていないな〜と思ったことはありませんか? 実は私の外資系企業の職場では元かた~い職業の方が何人かいます。例えば、そう、教師とか公務員とか。 そのようなあなたも、自分に向いている職業・むいていない職業を性格判断で調べてみると、自分に向いているのが、デザイナー、コンサルタントなどの「独自性を出す職業」という事もあります。 性格を知らないと、大学卒業時に最終的に選んだ職業が「没個性のかた~い商売」と云う事があるのです。

40、50代の転職|実践した結果わかった中高年向け転職エージェント【必読】

40、50代の転職|実践した結果わかった中高年向け転職エージェント【必読】

最近、労働市場は転職者にとってとても良い環境なのはご存知ですか? でも、40~50代の転職は、それでも難しいものなのかどうか!についてお伝えしたいと思います。実は私もそろそろ次の転職先を探していますので転職活動中なのです。その活動をお伝えすることが中高年の皆さんの活動にお役に経つのではと思いまとめておきたいと思います。まずは、転職エージェントについてお伝えします。