外資系企業転職 面接で必ず聞かれる7つの質問と対策!

外資系企業転職 面接で必ず聞かれる7つの質問と対策!

面接と聞くと超~緊張しますね。しかも外資系企業どうなるのか不安になるものです。しかししっかり準備することであなたも乗り越えることができます。 外資系企業の転職エージェントと綿密に面接対策の打ち合わせしたら、あなたがやるべきことは一日でも早く準備に移ることです。 面接は慣れていないとなかなか厄介です(慣れている方は少ないと思いますが、笑い!)。入念の準備をするとある程度は緊張感からも解き放たれます。 私が思うに、面接は今後のあなたのキャリアがアップするたびに、”もしかしたら”何度も経験することかもしれない事かなと思います。 だから、ここは「将来の転職のためも兼ねてるんだ」と考えて力を入れて質問の準備をして対策を練るのがベストです。 外資系企業の面接で必ず聞かれる7つの質問をまとめてみました。参考にしてしっかり準備しておきましょう。

転職活動ってどうやれば良いの?初心者のための進め方ガイド

転職活動ってどうやれば良いの?初心者のための進め方ガイド

転職活動を決意している初心者はもちろん、まだまだ漠然と考えている方も、どのように転職活動を進めていけば良いのかが気になるところですよね! 実は外資系、日系企業でも転職活動の進め方は大きくは変りません。 どのような転職活動のステップで効率よく進めていけば良いか、全体像をまずつかむことが大切です。 「これから転職考えようかなというあなたも知っておいて損はありません。」 今回は、転職活動の初心者のために、転職活動の進め方の基本の「いろは」をお伝えしたいと思います。流れが頭に入っているだけでもぜんぜん違いますよ!

中国系企業で働く社員はハッピーか?「社員座談会」記事からの転職の良し悪し!

中国系企業で働く社員はハッピーか?「社員座談会」記事からの転職の良し悪し!

市場動向も見ても、経済力や国力がここ数年の間に増してきている「中国」は大きくなってきています。 業界別に見みても、IT・通信・インターネット業界、金融・銀行業界、機械・電機業界が特に 存在感が出てきました。外資系企業=中国系企業への転職という選択が出てきました! でも、「中国系外資系企業の日本法人」で働くのはどんなものかと考えている人も多いはず。 見かけは日本人と似ていますが、果たして仕事の上ではどうなのか迷っている人も多いはず。

外資への転職成功!「転職エージェント経由」か「直接応募する」どっちが良い?

外資への転職成功!「転職エージェント経由」か「直接応募する」どっちが良い?

外資系企業などの特化型の転職にカテゴリーされる外資系企業への転職の場合、ほとんどの方が「転職エージェント」、もしくは「転職サイト」で自分で直接応募になると思います。 実はその違いを理解していない人も多いのかな~とも思っています。 私の場合も、最初の転職するまでは同じかなと思っていました。むしろ、「転職エージェント経由」は敷居が高いかなと思っていました。 違いをよく考えて効率的に転職活動すべきかと思いましたのでここではその違いについて触れておきたいと思います。

40代からの外資系企業への転職で考えるべきこと!

40代からの外資系企業への転職で考えるべきこと!

「40代になり、妻子がいる中で、首を切られる可能性が高い外資系企業へ転職しても大丈夫か?」 こんなことで悩んでいる人は多いのではないかと思います。 日本の企業も終身雇用と言いながら、バブルがはじけたあたりから会社の存続やあなたご自身のポジションも怪しくなってきたから、ひそかに転職活動を始めている人も多いはずです。 同じ転職するなら、年収の良い外資系企業に目が向くのは当然ですね。

外資系転職で内定獲得のためにTOIECの点数を稼ぐには!

外資系転職で内定獲得のためにTOIECの点数を稼ぐには!

外資系に転職するぞ!と志した場合、一つのハードルが英語力であると思います。 あなたは、もしかして、、、英語苦手だな~としり込みしていませんか? でも、外資系の中には、色々な会社があり、日本法人を設立している会社などは結構日本人ばかりで日系の会社とあまりかわらない環境のところもあります。つまり日本語だけで仕事できちゃうところもあるわけです。

転職後の使用期間中に「不採用」とならないようにやるべきこととは!

転職後の使用期間中に「不採用」とならないようにやるべきこととは!

縁があって、無事めでたく外資系に転職成功 でもその後待っているのが「使用期間」というあいまいな雇用形態があります。これってなんだ~と思いますよね。 外資系企業の場合は、特にこの期間が大切であり「まさかの不採用」とならないように注意しなければならないことがあるのです。